私の紹介(My Profile)

★本稿は16年前のHP開設時に載せたものですが、資料整理中に偶然見つけ、勝手に懐かしく思い再掲出させていただく
  ものです。
  一部手直し、2016年10月5日

一昔前であれば定年の心配をしなくてはいけない年頃で、言いたくは無いが典型的なサラリーマンです。

強いて典型的で無いと主張すれば、ゴルフ、マージャンが出来ないということでしょうか。

平凡に恋をして、平凡に一回だけ結婚し、平凡に子供を4人もうけました(?)。

東京墨田区のオモチャ工場のプレスや、メリヤス織機の音に囲まれたところで性格形成されるまで育ちました。

私の家はなんとか大丈夫だったようですが、いつも近所では誰が夜逃げしたとか、どこがつぶれたとかの話題

があり、何でこんなに金子姓が多いか思っていたら、みんな韓国からの「金」(キム)さんだったり、また小学

校がいっしょだった友人が、どうして中学へは夜行くことになったのか不思議に思ったりしました。


東武・亀戸線の小村井駅の近くで、しばらくは都内唯一の夜間中学校が併存していましたが、今は学校そのものが無くな

りました。

今考えたら、みんな生活に大変な思いをしていらしたのでしょう。

そんな、苦労を全く知らず私は今の子供には想像もつかないようなことをして遊びまわっていました。

そんな、私の数多い遊び場の一つに鉄道関係の施設がありました(遊園地ではありません)。

近所を、東武鉄道(現在のスカイツリーライン)、亀戸線、京成電鉄の押上(おしあげ)を終点とする線が交錯

していて、車道を横切る踏み切りでは間近に車輪の「ゴー」という音を楽しんでいました。

更に東武線の業平(なりひら:現在の東京スカイツリー)駅近くには、イワキセメントの工場があり、そこへ秩父

から石灰石や砂利を運ぶ貨物列車も頻繁に出入りしていて、ヤードの入れ替え用の小型SLの機関手とも顔なじみ

になっていて、奥さんからの弁当を手渡すこともありました。

そこでは、本物のLOCOが遊び相手で、レール上に置いた太い釘を簡単にペシャンコにしてしまう迫力を身近に感じ、

、入れ替えのSLがブレーキをかけた時の音と、レールの上を動輪がスリップする様を間近に見ることがも出来

ました。

留置してある貨車には乗り放題で、勝手にドアを開けたり、ドアに掛けている尾錠のようなものを集めたりして

いましたが、今考えたらとんでもなく贅沢なことだったのでしょう。

京成電鉄と東武鉄道の軌道幅が違うので、両社が入り組むところはレールが3本になっていたことも良く覚えて

います。

更にご丁寧なことに、模型屋(原模型店:これも数年前廃業)さんも曳舟駅線路の近くにあり、給料日に一杯機嫌

の小学校の先生に模型の組み立てキ
ットを買ってもらったりしたこともあり、私にとっては大変居心地が良かった

印象がありました。

こんな生い立ちのせいかどうかわかりませんが、工業高校の機械科を出て社会人となり、今では世の流行りに違わ

ず老体・老眼に鞭打ちながらのキーボード生活です。

鉄道や模型への興味は人夫々で色々な切り口がありますが、私は

1)その国(鉄道会社や技師)独自に開発された特徴の技術が採用されているもの

2)成功したら尚結構だが、必ずしも成功しなくとも、何かの目標(スピード、牽引力、燃費、悪軌道条件に対応

  など)に向け試みられたもの(中にはとんでもないものもありますが)

3)デザインに特徴があるもの(タバコのPEACEの箱:鳩がオリーブをくわえたレイモンド・ロウイーがデザインし

  たLOCOなど)

などの視点から、楽しんでいます。

SLについて言えば、蒸気圧15kg/cm2 、直径30cmのシリンダーからのピストンには、ざっと計算して10トン

の力をくわえられ、左右でこの2倍の20トンの力でを発揮できるのか、と素人計算を楽しんでもいます。

それでもなんで「たかが蒸気」の力で6000馬力もの出力を発揮するSLがかっ
て存在したんだろう?、という感覚が

どうしても残ります(今となってはどうでも良いことですが)。

熱効率が高々5%レベルの機関がこの世から消えることは当然ですが、イギリス、フランスの設計者が2気筒を

4気筒にして蒸気のエントロピーの低い状態まで使い切る工夫をしたり、様々な技術を導入したことも興味深い

ものがあります。

EL(電気機関車)でいえば、数十年昔前時速331kmを記録したフランスのLOCO,動輪とレールの間は1cm

あたり0.1msecで通過していることになり、界面でどんな物理現象が起きているいるのだろうか?と考えます。

興味あるのが、タービンです。蒸気タービンとガスタービンがあり、まさに動く「発電所」であったようですが、

500以上の高温排気ガスを吐き出しながら、ジェット機のような音を出しながら8500馬力で一万トンもの貨

物を牽き、アメリカ大陸を横断していたモンスターがあったということは、現代の情報産業に比重が移ってきたア

メリカの歴史の移り変わりの代表的なものでしょう。

まだまだ、興味尽きないものがありますが、何故あのレールの上を行く「ごとごと」音や振動は人間にとって心地良いの

でしょうか?

何かとストレスの多いこの世の中のために、心身の癒しを狙った「・・・線の揺れと、ごとごと音のシミュレーション

ソフト」なるものを国家プロジェクト(?)で開発し、無料配布などしてはいかがか・・・・と、車両の揺れにうとうとし

ながら夢見心地に思うのであります。

 

TO TOP