組み立て式、「O,OJゲージ レイアウト」の製作

私がJORCというOゲージ専門の模型クラブに入会して約25年。HOも16番も区別がつかない無知の状態の
まま、ただ大型模型(特に米国型)の迫力に惹かれてOスケール模型の世界に入りました。
米国の大型ディーゼル、ケニアのガーラットなどを手始めにフルスクラッチ製作し、カツミ模型のC62,EF57の
OJバラキットなども組み立てました。

当時、カツミ模型主催のO,OJゲージ合同運転会が年1回開かれ、私も手作りの作品を持って毎回楽しみに
参加していました。ゲージによらず参加者間にそれなりの交流もあったと思いますが、10年くらい前にそれも無く
なり、OJゲージだけのクラブ、Oゲージだけのクラブと個別な活動となって、両方の模型を楽しまれている方は
両方のクラブに所属、または会友として参加されているという状態です。

N,16番、HOと比べて趣味として持続させるには金銭的にも、時間的にもOスケールの趣味は負担が大きく、
趣味人口も極端に限られています。
リアルなモノを作るという風潮が廃れてきている昨今、自作で楽しまれる方は急減し、残されている方々も
高齢化が進んでこの分野の趣味は“絶滅危惧種”になっていると思います。
しかし幸いに一部の模型メーカーが日本型で1067o軌間の完成模型をOJゲージで販売しています。

よしんば、恵まれた方がこれらの高価な模型を購入できても、OJゲージの模型を走行させるための環境は
決して良いとは言えないと思います。
そんな中で最近、大井町「イモン」に次いで模型店「モデル・ワム」が店舗近くに時間貸しのOJ専用レイアウト
を開業したことは小さな一歩ですが、画期的なことだと思います。財務的に継続できることを祈ります。

Webサイトなどで見ても、天井裏にレールを敷いたり、体育館など公共施設を借りて組み立て式のレイアウトを
持ち込んで走行させたりしているのが日本の大方の現状の様です。
組み立て式の資材を普段どこに保管してもらうかも、日本の住宅事情からすると大問題です。
極めて稀な事例として固定レイアウトを個人の住宅や建物の中に常設し参加者が模型をそこまで持参して
楽しめるという(近くの方にとっては)恵まれた?事例もありますが。

以上の状況を考慮し、Oスケールの趣味をゆったりと継続できるための環境作りの一環として下記内容の
レイアウトを作ることにしました。
  1. Oゲージ、OJゲージの双方が一緒に楽しめるレイアウト
  2. 現実に使える施設の広さに合わせたレイアウト
  3.個人の車で搬入ができ、保管も畳2畳程度の中に収まる資材量
  4.そこそこの耐久性・強度を維持しつつ、高齢者による組立、分解の作業性を優先した構造
  5.私個人の資金で賄える範囲の製作費
    
  ★ 当面、私が資材の保管、搬入を行う関係で、自宅近くにある「あざみ野アートフォーラム」のセミナー
    ルームに合わせた規模としました。

  ◎新レイアウトの概要
    道床外寸:長手 約10m
           幅  約5.5m
    軌道構成:外周:Oゲージ、32o軌間 最小半径:2180mm PECOフレキシブルレール使用。最大カント約1.5mm。緩和曲線入り。
              外側にヤード2本(夫々約5m)
           内周:OJゲージ、24o軌間 最小半径:2050mm カツミフレキシブルレール使用。最大カント約1.2mm。緩和曲線入り。
               軌道の外側にOゲージ車両走行が出来るよう、第三軌条線路を一本追加、Oゲージも運転可能。
               内周内側にヤード2本(約3.5m)

    道床仕様:一部を除き、900o長の5.5o厚ラワンベニヤ合板。
          反り防止のため、20o幅、厚み8mmのラワンベニヤの袴帯板を道床の縁に木ネジ止め。
          各道床間の接続は鉄製帯金2枚で隣の道床板(5.5o厚)を上下から挟み込み、M5mmネジ止め方法。

    運転電源:@8A MAX、A2A MAXを用意。



★18年前に製作した旧レイアウト

路盤の材料は、t=5.5oと、新レイアウトのものと同じです。
反り防止のための縦下駄を取り付け。これも新レイアウトと同様の製作方法です。この実績を新レイアウトにも活かしました。

家内にも手伝わせて近所の土手の農道で組立。                新レイアウトと同じ規模ですが、Oゲージのみの1車線です。
車から覗いているのは当時在宅介護中だった私の母です。         15年間、板の反りは発生しませんでした。
                                             TALGO−350、VSEなどの試運転はこのレイアウトで行いました。
 
ちなみに、この場所はバイパス道路の工事のため使えなくなりました。


◆新レイアウトの製作記 第1回 

2015年 7月15日記載

10分の一図面を描いて、計算をシンプルにし、縮尺変換のミスを少なくします。




ピンクマーカーで描いた台形状の一こまが分解時の一面になります。
台形の長辺が900mm。
直線部分の赤線がO、青線がOJ軌道の中心線。


円周部の一こま分の端面は計算上22.77°という角度の切断です。              通電と構造的な方式を決める必要があります。
不慣れな三角関数計算で勘違いや間違いが無いか心配なので、8畳間で5枚つなげて   ジョイナー方式としますが、4端子挿入の操作性についてテストサンプルで確認。
半径の確認。                                                結合は旧レイアウトで実績があった、帯金締結方式とします。
 

片側のジョイナー結合を行い、外側も順次挿入。帯金で道床のボード(5.5mm)
が挟まれているので、ガイドされます。                                ぴっちり入り、M5ネジで締め付け、締結完了。
 

2コマ分の全貌。上に見えるのは旧レイアウトです。




◆製作記 第2回
2015年 7月31日記載

梅雨が明けた蒸し暑い日、近所の農道で初めて道床の締結。                 道床板の外側で幅約4.5mです。向こう側の直線部に平行してヤードが広がるので、完成状態は
                                                       もう少し広がります。
図面通り、きっちり繋がりました。この作業、私一人で20分ぐらいかかりました。
 
 

円形軌道の中心線を写真の電線を使ったコンパスで描きました。                  S字カーブの接続ラインの作図。
右側のカットレールはその中心位置に置く重りです。
 


◆製作記 第3回
2015年 8月14日記載

製作を開始してから一つ悩みが出てきました。クラブメンバーにはOJゲージもやっている人もいますが、
さほど多くは無く、また編成を組むほどの車両を完備している方もそうはいなさそうです。
これはメンバー数人にインタビューもして確かめました。
お付き合いさせて頂いているOJ専門のクラブにおいても機関車をお持ちではあっても、そこそこの編成
が組めるほどのものを持ち込んで運転している方は一部の方に限られるようです。
OJの軌道を今回併設したのですが、運転会を催しても線路を埋めるほどの使用頻度とは
ならず、空きが出てしまうのではという懸念が湧きあがって来たと云う事です。

しかし当初の“夢”であるところの、OゲージとOJゲージの運転を同時に楽しめる場を作りたいと云うことも
要です。
そこで、考えたのが内側線路をOJとOの兼用軌道とし、参加者数に応じてどちらでも運転ができるように冗長
性を持たせれば良いのでは、という考えに至りました。
異論が出るかもしれませんが、“前代未聞”のレイアウトを作ってみました。ともかく、箱にしまって
置くだけの模型から少しでも脱皮できる機会の一助になれば、という事で踏み切りました。


道床板表面は水性塗料でパステルグリーンを塗りました。
曲線部のフレキシブルレールの曲げに関しては、前作レイアウトでいい加減に作ったおかげで走行上のトラブルも
発生しました。
そこで、知人のブログ情報を参考にアクリル板で曲線定規のテンプレートを作って、レールの内側にはめ込んで
きれいなカーブが出るようにしました。
O,OJ2種類作りました。おかげで、貨車での試験走行でスムーズに曲がっていきます。


カント形成は、ビニール被服の電線を枕木の下に挟み込みました。
右の直線部からカーブに入るところで、緩和曲線を形成しながら徐々にカント量を増やしてゆくという
山勘の作業を行いました。


O,OJゲージ、デユアルゲージとが並行する道床が出来上がりです。
 

32mmゲージを作って、Oゲージ用第三軌条のレールをつなぎ用金具を介して半田固定しました。
  

内周のOJゲージのポイント部です。
Oゲージ側はポイントが存在しませんので、ポイントは複雑ではありません。      長い車両での試験走行も行いました。
 


◆製作記 第4回
2015年9月29日記載


9月20日のレイアウトの試運転会(アートフォーラムあざみ野にて)にOJ車両をお持ちの方々にもご参加いただき、
初めての車輛走行を行いました。
その結果、不具合点を抽出し、次回「横濱模型鉄道倶楽部」の運転会に向け修正、改良工事をはじめました。

修正その1
OJのポイント切り替え器が、車両と接触するものがある。
これは切り替え器の位置を3mmほど外側にずらして取り付け直しました。
                                                       
 レール内側から20mmまで離しましたので、64mm幅までの車両に対してOK。

修正その2
ヤードからの出庫時のショート対策。これは私の無知からの抜けでした。
周回レールの、ポイント近くのレールカットで対処。



  ●バラスト撒き

当初からの計画である、バラストを敷くことに。
A氏運営の「旭鉄道模型クラブ」のレイアウトを全面的に参考にさせいただきました。
過去、大きく2回のバラスト撒きの経験がありますが、いずれも実際の「石」を用いたのですが、今回は少しでも重量が増えるのを
抑えるために、上記クラブの方法と同じ「コルク粒」を使います。

コルク粒の一番細かいものを選択。価格は安いものですが20袋位使用。        水性塗料を薄めてコルク粒をグレーに染めました。かき回し作業です。
  

大きな粒を取り除くために篩でより分け。右が使用した方の細かいもの。      木工用水性ボンドを薄めて、スポイトで先に道床板に散布し、スプーンでコルク粒を
歩留まりは70%くらい。                                       撒いてゆきます。乾燥後、さらにボンド液を散布しました。
 

ポイント部はポイントの動きを固めないよう注意が必要でしたが、何とか。

  

◆製作記 第5回
2015年10月15日 記載

バラスト撒きが続きました。


◆製作記第6回
2015年10月29日記載
本線及び一部を除いてバラストを撒き終わり、バックのパステル・グリーンも再度塗装仕上げを行いました。
一部除いてと云うのは、OJのヤードを一本追加しましたが、ヤードへの出入り部分の最小半径(約2000mm、局部的に1900mm程度)
がちょっと気になり、OJの車両を実際に走らせてもらい確定します。

全線路を集めるとこんな具合です。個人の家で保管するのはこれ位が限度ですね。


我が家の車に積載した状態です。貨物室に入りました。


バラストが撒かれると、植樹、住居、駅舎や鉄橋などの建設配置をしたくなります。先が楽しみです。



◆製作記 第7回 橋梁工事

製作期間:2015年12月15日〜

バラスト撒きも終わって、OJのヤードも2本に増強し、12月6日に横濱模型鉄道倶楽部としての第二回運転会を
楽しみました。
そして、旭鉄道クラブのレイアウトをさらに真似をして、橋梁部も追加することにします。
一度完結したレイアウトの周回コースのどこに橋梁部を作りこむか検討した結果、写真中央部のS字カーブの中間
(R11番のユニット中央)に挿入することにしました。
R11は曲線部なので、この中央部で2分割して橋梁部の線路を直線で挟むことにします。
材料などの関係で、この直線部=橋梁部の長さは800mmとします。
これと同時に、S字曲線の反対側のS1とR21の間に同じ800mm長の直線ユニットを追加します。
運転会会場の広さに若干窮屈さがでますが、支障はないはずです。


R11ユニットの切断です。レールを先にルーターで切断後、道床をバラストごと    橋梁部を挿入後全長1800oになりますが、車にそのまま積めるのでこのユニットは
鋸で切断。                                            組立状態で運用することにしました。その方が強度的にもベターです。
                                                   15mm角のアルミ角パイプ4本をネジ止めで形状をまずは確保しました。
 

当面通行止めです。                                      向こう側(OJ+O)と、手前(O)とで異なった橋梁にしようと欲張ることにしました。
 

さて、どんな橋梁にするかが楽しみです。
OJ+Oの内周用には典型的なトラス橋にするか、総武線の御茶ノ水近くにかかる
円弧状のものなど、ちょっと違うものにするか、楽しく検討します。
 

そして、外周のOゲージ専用線には、写真のようなものの、1スパン分をイメージしていますが、
まだ確定していません。これは橋梁部レールにもバラストが撒かれているようです。


◆製作記 第8回 橋梁工事

 2015年12月30日記載

秋葉原にLEDを仕入れに行ったついでにこの鉄橋を観察。
秋葉原と御茶ノ水間にあるこの鉄橋、昭和の雰囲気が漂う良い感じです。
しかし、近寄って見ると無数のリベット、鉄骨のフランジ部分の張り出し、随所に使われている補強板材の多さに圧倒されて
しまいました。
今まで鉄橋なんてあまり眼中になかったのですが、これは本腰を入れて作らないと、まずいと感じました。
今回の工作では、とりあえず運転用周回コースが繋がるように、間に合わせましたが、いずれ見栄えを
考えて本格的に取り組んでみたいと思います。
 

我がレイアウトへ向けた工作はそこそこの作りこみでまとめてみることにしました。
内側のOJ、Oゲージラインはトラス橋にします。
「鉄道模型趣味」誌などを参考に、Oゲージサイズの型紙を書き、それに合わせて   一方、Oゲージ専用ラインはフランス風のガーダー橋。なんとなく繊細な感じの
10o角材を接着。随所に補強材を真鍮板で接着。                     ラティスを接着で組み上げました。角部はアルミのアングル材を利用。
接着剤はコニシの5分硬化型エポキシ系2液混合タイプのものを使いました。
 

橋梁部分のレールを受ける(車両重量を受ける)縦梁はアルミのアングル材で
作るが、レール面の高さを揃えるために、2o厚のヒノキ材を接着しました。
 

一度両側の道床からネジ止めを外し、橋梁部の骨組みの塗装を行いました。
この塗料は以前スペインのTALGOに使ったものの残りを流用。


再度組み込みなおして、橋梁ユニットを取り付けてみます。
手前のガーダー橋は手前をアルミ角パイプに引っ掛け、奥側(トラス橋側)でマグネット吸着によって取り付ける
方法を採用しました。
これらは、将来新たな橋梁部を作り直すときに長さ800mmの寸法さえ守れば、ワンタッチで交換できます。
車両の重量はブルーに塗装したアルミ角パイプで受けますので、問題ありません。
 

中央、右寄りのところに見えるチップ状のものはマグネットを吸着させる鉄片。
 

塗装を済ませ、取り付けました。これらを収納するケースも作りました。
周回コースの反対側の直線部にも同じ800oの挿入道床を作り、レイアウトとして締結を確保。
この挿入個所は、当初計画の場所とは異なり、S2とS3との間としました。
2016年2月20日の運転会で様子も見ながら、更なるVer.アップなどを考えたいと思います。
橋梁製作に当たっては、K氏よりいろいろご教示もいただき、車両にばかり興味が向いていた小生、
趣味の幅を広げる良い機会になりました。





◆製作記録ー9回
 
ジオラマ追加   2016年1月30日記載

横濱模型鉄道倶楽部運転会にお見えになったK氏がご持参された樹木(本物)
を利用させていただいてレイアウトの一部にジオラマを追加することにしました。
バラスト撒きもある意味ではジオラマですが、欲がでるもので、もうちょっと何か
を・・・と、慣れない作業にいそしみました。

イモンで樹木の葉になるスポンジを購入。                          イメージは、鉄橋脇に公園があって、真ん中に樹木、それを囲むミニ列車。
                                                   そして、人物を配置。手持ちの素材を活用しました。
 

子供が乗っているミニ列車はドイツ在住の知人からいただいたもの。
子供はドリンクボトルのおまけを加工。
軌道はPCで描き、プリント後に切り抜き。                          こんな配置になります。
 

公園なので何か花を。作り易そうなチューリップに初めてトライ。
グリーンの折り紙で葉を作り、0.5o真鍮線を突き刺し、白いガラスビーズで花を   花壇の柵は真鍮ロストワックス製のアクセサリー用素材を流用。ベンチ背もたれ
表現。接着後茎や葉をグリーンで塗装。きわめて安直にできました。          にも活用。アクセサリーショップのジャンクでごっそり仕入れていたものです。
 

以上をこんな風に配置。
以前購入して、イタリアSLの撮影に使ったアルファロメオをタイヤだけ接着。     鉄橋モジュールのたもとにネジ2本で取り付けます。走行列車の良い撮影ポイント
                                                   になればと期待します。
 

以前から構想を温めていた、O,OJゲージの模型を同時運転ができる新レイアウト製作は具体的設計・製作
を2015年6月から開始して、これでひとまず完了とします。実質的製作期間は7ケ月でした。
定年後のうってつけの暇つぶしとなりましたが、少なくとも10年は活用したいと考えます(私がもつかどうか?)。
そして、いずれは次世代の方に移管をお願いし、やがて日本から消えるかもしれないOスケールの模型趣味
を少しでも生き長らえさせられればと思います。



◆第10回:電源関係の整備   2016年8月13日記載

1.POWER PACK,新型のものを借用でき、9月4日運転会にて投入。
  他クラブ所属の電気・電子技術者設計のもの。
2.OJポイント切り替えのレール接触を確実にしました。
  トングレールが主レール内側に押しあたるチャージ力を確保するため、トングレールの半田付けを
  一度外し、わずかに主レール側に寄せるように再半田付け。
  Oゲージ、PECO製、のポイントはバネでチャージされるているのでそのまま。
  そして、トングレールの外側に洋白の板バネを半田付けし、そのバネが主レールの内側に接触
  するようにし、接触をより確かなものにしました(したつもり)。
  さらに、接触部の汚れや錆を運転会直前に磨くことに。
3.パワーパックからレールへの給電ポイントまでの引き込み線を太いものに交換。
  そして、給電ポイントへの接続をコネクター方式に改造。写真下。
 





◆第11回:OJヤード延長線路部の帯金締結とバラストまき追加     2016年10月15日記載

パッとしない今年の秋空を横目に、OJ線路の2本のヤードのうち、長編成用に延伸したヤード線の帯金締結と
バラスト撒きを行いました。
昨年集中的に総延長60mぐらいのバラスト撒きを行い、この作業は“もう結構!”と考えていましたので、追加の
作業に対しなかなかやる気が起きませんでしたが、いよいよやることがなくなってきて、重い腰を上げ、使いかけの
水性ボンドや使い残しのコルクバラスト材などを引っ張り出しました。
さすが、いやっというほどやった作業なので、この追加延長部分のバラスト撒きは最高のでき?となりました。
12月4日の運転会でお披露目です。

TO TOP