FRANCE、 SNCF RENAULT製レールバス(AUTORAIL) AEK2-X7107

2018年6月30日記載

動力系の改造

製作後22年が経ち、四季島製作が終わって一段落したので、過去作品の不具合点などに手を入れました。
初めてフランスの個性ある気動車を作る時に選んだプロトタイプが、このルノー製のものでした。
当初の動力系では、中央床下に置いたモーターから自在接手経由で片側のボギー台車の2軸を駆動するものでした。
ところが、自在接手の部分が長く、高速回転になると継ぎ手部分が遠心力で大きく振り回されて床板に当たりました。
苦肉の策として床板を削って逃げていましたが、十分ではありませんでした。
今回、これを根本的に改造しました。



根本原因の継ぎ手を止め、より小型モーターを直結しました。
秋葉原のジャンクモーターですが、付属の真鍮製ピニオンがモジュール0.5
だったので、そのまま使って、台車フレームに直結固定しました。
 

それほどトルクがあるモーターではありませんが、滑らかに走るようになり
ました。次回運転会で走行確認です。
しかし、今もパッとしませんが、当時の工作はひどいものですね。      この塗装が日本の気動車などにも施されたのはご存知の通りです。
それでも車軸軸受けの基本がしっかりしていたので、滑らかに走り、    22年前に西山洋書で買ったフランス気動車本、全5冊のうちの1冊です。
22年の歳月を感じさせません。これで私より長生きするでしょう。      まだまだ作りたい機種がいっぱい載っています・・・。
 



◆1996年製作当時の記述

I feel charm in French rail car (autorail). I made a model of AUTORAIL of this Renault with scratch and build first. The cab of this rail
car protrudes like a lighthouse in the central part on the roof. The driver's cab is rational to look at the distance. Only 1 axis in each
bogie chassis is driven by the real vehicle. 1 inside axis of the one side chassis is driven by my model through a joint by HO gauge small
size motor put in the floor lower center.
Furthermore, other axle is driven through gear, too. Because ball bearing is incorporated in all axles and drive shaft, the resistance
of the run is small, and this rail car starts running at 2V. I made the detail of the chassis in reference to a document. A ball bearing is
incorporated in a trailer bogie chassis , and the equalizer mechanism of three points of support is incorporated, too. I used the wood to
make a roof and a floor board. A brass plate was used to make a body. "Constriction" of the winebottle was useful for the bending of the
curve of the body end. The color scheme of this rail car was adopted to a Japanese rail car.

Je sens le charme dans d'AUTORAIL français. J'ai fait un modèle d'AUTORAIL de ce Renault avec
SCRATCH & BUILD en premier. Le poste de conduite de ce autorail sort comme un phare dans la partie centrale sur le toit.
Ce poste de conduiteLe est rationnel de regarder la distance. En original, seulement 1 axe dans chaque châssis du
bogie est conduit par un moteur. Dans mon modèle 1 à l'intérieur d'axe d'un châssis est conduit par un petit moteur
à travers un joint.
En outre, l'autre essieu est conduit à travers équipement, aussi. Parce que la portée de la balle est incorporé dans
tous les essieux, la résistance de la course est petite et ce modèle peut courir à 2V. J'ai fait le détail du châssis
dans la référence à les documents. Dans l'autre bogie une portée de la balle est incorporée et le mécanisme
du compensateur de trois points de support est incorporé, aussi. J'ai utilisé le bois pour faire un toit et un plancher.
Une plaque du cuivre a été utilisée pour faire un corps. La forme du pot du vin était utile pour le cintrage de la
courbe de la fin du corps. Le plan de la couleur de ce AUTORAIL a été adopté à les autorails japonais .
    

1937年、車で有名なRENAULT(ルノー)社開発の近郊輸送用気動車(オートレイル)。エンジンから、変速機を使って直接車輪を
駆動。屋根上にある運転台で操縦。さぞ見晴らしが良かったことと思う。自重30トン程度で150人定員の客を100kmのスピードで輸
送。当時、RENAULT以外にも同じ車のメーカーのブガッテイなどもこの種の車輛を製造していた。この車体色、クリーム色と朱色の
ツートーン塗りは日本の各種気動車にも模倣されている。
1940~1944年第二次世界大戦、ナチス占領下の燃料不足の中でもPARIS郊外(NOISY線区)での運行は開放直前まで続けられた
という秘話も上記の本から知ることが出来ました。
【主要データ】
製造開始年  1937年
製造メーカー  フランス ルノー
製造台数   プロトタイプ1輌を含め、22輌
         PARIS郊外のNOISY-le-SECに10輌配置:BONDY⇔GARGAN間、一日28往復運行
         (BONDYは2006年11月開通のTRAM TRAINのターミナルになりました。)
         RENNES地区に12輌配置
運行開始   1938年  SNCFから他会社への貸し出しも含め1972年まで運行使用
全長      25.93m
重量      車体:30t  積載:40t
エンジン    直列6気筒(15694cc) 150PS×2 
動力伝達   デイスククラッチ、4速ギアボックス(電気・空気圧式)、カルダン
車輪径     860mm
最高速度   120Km/h、RENNES⇔SAINT-BRIEUC間 99.7Kmの運行では平均 101.4Km/h
砂撒き機構  あり
バッテリー   Ni-Cd、24V、309Ah
座席・定員   当初複数の座席構成、戦後標準化改装後 78座席、立ち席含め 150人 
【模型の作り方】
模型では、床下にモーターを置き、片方の台車の2軸のみ駆動。全軸BALL BEARING入り。室内の椅子を作り、フ
ィギュアも並べた。車体が軽いため、スケール速度200kmは軽く出せる。ちなみに車体の前後のカーブを作るにあたっては、ワイン瓶
の曲面をマスター代わりに利用。
One motor is set under the center of the floor plate and two axles of one bogie truck are driven by using pinion and crown gear.
All journals are applied ball bearings . Several figures are set on interior seats. All seats are covered by real cloth.
Head lights and tail lights are switcharable by direction SW manually under the body. This color scheme were applied to japanese
rail car( rail bus ) too.


動力は、片方の台車2軸のみ駆動。ジョイントを介して
ピニオン⇒クラウン⇒ピニオン⇒クラウンギアと連動。
車軸以外にも、ピニオン軸にもボールベアリング装填で軽く作動。      先頭部をワインの瓶で曲げる。日本酒でも良いのですが。


屋根と床板は木製。
 

 

TO TOP
TO LIST