四季島製作-33

2018年1月15日アップ

7号車、[四季島スイート」、「デラックススイート」の2区画(定員4人)だけで
1両のスペースを占めている、贅沢な車両の内装作りを始めます。
これも今回の製作の楽しみのポイントでもありました。
知人からNHK放映番組をDVDに焼いてもらったりして、室内の資料情報
を掻き集めました。                                 
                                             四季島スイートは階段を介して2層構造になっています。
                                             デラックススイートの方も床上面よりベッドルームが一段下がっているため
最初に通路と2区画のコンパートメント間の壁仕切りを作りました。     床板を写真のように、図面上ピンク線で囲った部分、切り抜く必要があります。
 

切り抜いた部分の裏返し。                             二部屋の境の壁を作り、掘り炬燵がある2階部分の床板を取り付け。
 

二部屋内部の設備製作。
第一は檜風呂です。便座も一緒に作りました。                 檜風呂は檜板材を接着。プライザーのフィギュアを加工し、パラフィンを
このシーン、“やーね”と、家内に不評。
乳首に爪楊枝の先で紅を指す時は手が震えたりして・・。           流し込みました。湯水の表現は
 

洗面台、鏡などもユニット製作。
鏡は、古い石油ストーブのステンレス反射板を再利用し切り抜いて作りま
した。                                          四季島のテーマ的パターンの格子模様の仕切りをハンダ付けで作成。
 

階段や畳風の模様のシート(¥100ショップ)を貼り付け。           掘り炬燵でくつろぐお二人。
                                             えっ!、風呂に入っている女性は誰? まあ硬いことは言わないで。
 

デラックススイートにある「暖炉」。赤のLEDでも灯そうかと思いましたが、 ベッドをそれぞれ2つづつ置いて、2部屋の内部作りはほぼ完了です。
アクリルブロックを加工して、赤の色指しでごまかすことにしました。
 

室内照明をこれから配置ですが、秋葉原にプリント基板を仕入れに行か
ないと行けません。
 

車体を仮にかぶせると、窓越しに内部が見えます。              四季島スイートの2階席掘り炬燵に入っているお二人。
 

TO TOP
TO 製作-32へ戻る

TO 製作-34へ