「四季島」製作-1


完成模型の走行動画はこちら⇒https://youtu.be/PmW4TxLyglo


★四季島製作1~42の全項目リスト: 直接製作各段階へリンクしていますので、途中段階へジャンプしてご覧になるにはこちらからどうぞ。

   2018年9月12日撮影。2018年は大阪での地震、西日本洪水被害、台風21号による被害、そして北海道胆振地方震源の地震など
   大きな災害が連続しました。
   幸い横浜では実りの秋を迎えられようとしています。

全10両完成記念写真:2018年6月4日撮影









「四季島」製作にあたって


    2016年9月12日記載

まだ実車が完成していませんが、私にとって初めてのOJゲージ、1/45と正統なスケールとゲージで製作
することに決めました。
昨今youtubeで試験走行、甲種輸送風景などの映像を見ることができ、模型製作意欲が高まります。
ただ当初のイラストに無かった運転室ドアが、外装の段差を跨ぐ形で設置されているのを見て、ちょっと
幻滅。
床下機器部が全部カバーされている(VSEのように)当初のイラストで期待した、床下機器の省略が一部
通風用グリルを通して中が見えるところがあり、“うむ・・、嫌いな床下機器を少し作らないといけないか・・・。”
とこれも、ちょっとがっかり。

後日判明したことは、一部の中間車の床下機器カバーの内、台車寄りの一部が外されて試験運行がされて
  いました。
  当時入手していた鉄道ファンなどの雑誌(真横写真などが掲載されていた)ではその時点での画像だったのです。
  そのまま模型化をしていたところ、ある時正式にカバーが取り付けられた写真を見て愕然。
  仕方なく、床下カバーのその外されていた部分を急遽継ぎ足した苦い事件でした。
  実車運行に先駆けて慌てて模型を作り出すと、こんな失敗にも遭遇するという経験をしました。

  

まずは、今までの広い32㎜ゲージから24mmゲージの感覚に慣れないといけません。

OJゲージについては先ず規格の勉強から
OJゲージの歴史あるクラブ、「機動楽会」のご厚意により規格を開示いただき、本HPへの転載もご許可いただきました。
ご興味のある方、是非ご覧になってください。

           OJゲージ標準規格()(車輪~レール系における各部寸法の基準について)



◆模型製作の方針

1.10両のフル編成を滑らかに走行させる。

2.OJの軌間(車輪のバックゲージは21~21.5㎜mm)なので、吊り掛け式で動力化するにはフルハーベル製のモーター
  のように高価(1個1万円近く)な投資が必要なので、実車のモーター配置にはこだわらない。

3.手持ちの秋葉原ジャンク品の強力なSWISS S-CAPモーターがあり、両端の先頭車の後部は自家発電用ディーゼル
  エンジンの機械室がデーンと占めているので、そこを動力用モーターの収納場所にして、先頭車の後部ボギーのみ
  動力化の動力集中方式とします。
  これは、以前製作のTALGO-350のそれと同じです。
  従って、中間はすべてトレーラーとなり、軸箱にボールベアリング装填で軽い動きを狙います。
  先頭の展望席、運転席も床からの出っ張りなど一切ない形で、室内インテリア製作に集中できます。

4.室内インテリアを窓から覗ける範囲で極力作りこむ。
  恐らく70万円以上もする実車に乗って旅をすることは一生訪れることは無いでしょうから、どこまで室内の
  資料が入手できるかが鍵です。
  そういえば、VSEも“しまかぜ”も走行実車には乗ったことがありません。

5、塗装色がまた難しそうですが、高価ですが車用缶スプレーなどに感じが似ているものがありそうなので、缶スプレー
  でこなします。

6.乗客はできる限り定員フルに乗せる(VSEの358人、しまかぜの140人余に比べれば極端に少なく、作業的にも
  財政的にも楽です)。

7.製作方法で初めてのことになりそうなのは、ヘッドライトの表現だと思っています。
  その他は、今までのやり方で行けると楽観視? もっとも、10両もあるので、高齢モデラーとして息切れしないか
  心配です。  それにしても10輌とは多い。
        

“さあ、また真鍮板を問屋さんに買いにいかないと”



◆動力機構の構想

インサイドギア方式で、中央ギア軸のクラウンにモーターからのピニオンで駆動。
モジュールは 0.5です。
全て部品箱内在庫品で済ませます。


車輪やボールベアリングの準備
メインは520だが、足りないところは620も掻き出して数を調達。
大半は秋葉原のジャンク品。                            車輪を含め、これで全10輌分です。ただし、まだ32mmゲージ。
 

車輪の準備
各種データなどの資料が発表されていませんが、ほぼ間違いないだろうということで、JRの標準的な車輪径860㎜、模型で19㎜と判断。
昨年鉄道模型ショウのU-TRAINのブースで買っておいた32㎜ゲージ19㎜車輪や手持ち在庫品をOJに改軌することから始めました。

いい加減なスケッチを描きながら、怪しげですが、完成を夢見ての楽しい  動力ボギー用4軸の仮組です。ボギーの軸間距離はJRの電車は2100㎜
                                              ですが、この四季島のそれも同じかどうか判明するまで、ここでホールドです。
 

U-TRAIN製32㎜ゲージ品、打ち込みの軸を叩いて抜きます。       右の箱が、32㎜⇒24mmにしたものです。後1両分はOJのジャンク品を
                                             使います。箱の外に乗っかっている1軸は32㎜ゲージです。
                                             1067㎜狭軌はこんなに狭いのか! と改めて実感。
                                             右の箱内のものは、φ4パイプをボール盤とやすりの手作業で車輪穴径
                                             近くに個別加工し、エポキシ樹脂接着材を塗布後、軽く圧入しました。
                                             片側絶縁のブッシュはそのまま利用できました。
 

TO 四季島製作-2
TO TOP