四季島製作-15

2017年4月14日アップ

本体の形状製作も難しいが、そこに嵌め込む窓ガラスの製作も難しそうです。
今までも、3次元曲面を成す形状の窓ガラスは、アクリルの削りだしや熱塑性変形加工などでこなしてきましたが、
四季島も、特に前面運転席がらすや運転席上の屋根ガラスの形状などが似たような方法で作らないといけないようです。

いろいろ頭の中で想定しましたが、小田急VSEの時と違って運転席ガラスなどのスモーク調の色が、車体の黒マスキング
塗装と組み合わさってこの列車のデザインを構成しているようなので、運転席窓ガラスは透明アクリルというわけには
いかないようです。

スモーク色材料で、1㎜厚という薄いものがアクリルで入手できず、代替えとして「硬質塩化ビニール」を使ってみることに
しました。

先ずは最難関と思われる前面運転席窓ガラスにチャレンジします。
写真の真鍮版で作った曲げ冶具ですが、左右にカーブを描いているだけでなく、上下方向にも僅かながら曲面を描いて
います。つまり、緩やかながら3次元曲面ということです。

曲げ冶具の製作。
先ずは、上下方向の曲面を形作るため、シリコンゴムを敷いて、      その後、左右の曲げを各種直径のパイプなどを使って曲げ、窓ガラス
球で全体にゆるい曲面形状を作り出しました。                  形状の冶具を作りました。最後はやすりによる切削で微調整です。
                                             曲げ冶具は、塩ビ板に転写されてしまうので、鏡面状態に磨いて
                                             おきます。
 

車体の窓枠に嵌め込むのは、曲げた後切断や削り加工で微調整し
ます。                                          これが硬質塩ビ板です。
 

曲げ冶具に塩ビ板材をクリップで押さえつけ、熱湯中に入れて加熱します。
両サイドの急な曲げは表面の緩い曲げの後、クリップをし直して曲げました。
 

結果は見事に失敗。部分的にクリップしたのが敗因でした。         今度は押さえ板を介して、全体に力が働くようにして押さえました。
 




まずまずの結果が得られました。                         車体窓枠に嵌るように加工します。
 

何枚か作って、出来の良さそうなものを選別使用。               切断と削り加工で、この程度に嵌りました。
                                             最終的な固定方法はまだ決まっていませんが、目途が立ったので、
                                             車体本体の製作進行に合わせて窓ガラスはめ込み、固定方法を考えます。
 

 

今度は天井部分の窓ガラスにチャレンジ。
同様にして、真鍮版で曲げ冶具を2分割して製作。              前面窓ガラスよりは曲げが緩いの加工はし易いのですが、車体の格子が
                                             はまったような開口部にうまくフィットさせるが難しそうです。
 

塗装後に窓ガラスははめ込むことになりますが、最後は力づくで押さえの爪のようなものでガラスを抑え込み、窓枠との隙間は遮光テープのような
もので処置することで進めます。
両先頭車の残りの窓ガラスは平面や2次元曲面で済みそうなので、
後日作ることにしました。         
 


更なる窓開け。
進行左側はこのように特徴的な窓が並んでいます。
これらの位置や形状、そして配置など図面が無いので、各種写真から
類推してそれらを位置づけました。

写真から模型原寸の型紙を作って、真鍮ボディに窓を罫書ました。     基本は糸鋸でくりぬきますが、仕上げはやすりです。
                                             両面テープで貼り付けてある鉛ブロックはやすり加工の時本体が共鳴箱
                                             になってうるさいので振動を抑制するためのものです。
 

糸鋸の歯は場所に応じて歯だけの向きを正位置から90度回転させて
3角形の各辺の切り抜きを行います。
窓に歯を通したまま歯をいったん緩めて回転させ、再度締め直す、と    しかし何とかここまでたどり着きました。
いうことを空中でやるので、結構歯を折ってしまいました。
 

更に運転室の脇窓やドアの開口部などを切り抜きますが、だんだん華奢
になってゆくので、運転室ドア下あたりに補強用の梁と、展望室後部の
仕切りを補強のためにこの時点で取り付けました。
この仕切りは車掌室の壁にもなっていて、片側に通路が通るため、開口  運転室ドア開口部も“糸鋸泣かせ”の曲芸技で切り抜きました。
部が廊下に繋がります。
 

そしてやっと窓加工が終了。うーん、四季島らしい雰囲気。
 

塗装の前検討。
シャンパンゴールドという洒落た色ですが、私は本物をまだ見ていません
が、鉄道ファン誌や撮り鉄ブロガーの写真などから、「タミヤカラー」の
その名もずばり、「シャンパンゴールドにします。
写真中央は試しに真鍮版に吹き付けた結果です。かなり良い感じの再現
です。商品が絶版にならないうちに、缶を10本購入ストックしました。


TO TOP
TO 製作14に戻る