四季島製作-16

2017年4月30日アップ

四季島はディーゼルの自家発電装置を搭載しているため、電車の製作とディーゼル機関車の製作の
双方が楽しめるという、お得なプロトタイプです。
これで、ロッドまで付いていたらSL製作の感覚も楽しめようというものです。

当初から、ディーゼル機関の冷却ファンを屋根上で回転させるというギミックを搭載する計画でした。
これは、30年近く前に初めてOスケール模型のスクラッチ製作をしたUNION PACIFICの大型ディーゼル
DD40AX製作以来の工作です。

今回はファンも小さく、駆動装置も含めて車体にうまく収まるかなという懸念があり、案の定苦しいところが
ありました。

車体の後半部屋根を切り欠いて冷却ファン装置を並べる場所を作り
ます。併せて左右側面に並ぶ通気グリルの表現をします。
通気グリルは長方形の窓が左右五か所づつ開いています。本当はエッ
チング板か何かで小さなグリルの開口を開けたものを張り付けたいところ  5個の冷却ファン位置に対応したところに開口部が配置されています。
でしたが、より安直な方法で対応します(コスト的にも)。             糸鋸で大まかに切り取り、ヤスリ仕上げ。モーターのお尻がすれすれです。
 

ファンの駆動システムを検討。
手持ち在庫のオレンジ色のプラスチッククラウンギアとピニオンを流用。  2㎜ステンレス棒にピニオンを圧入し、150円ジャンクモーターで試験。
 

そして、クラウンギアで減速してみます。行けることを確認。            モーター軸が1.5㎜なので、2㎜穴ピニオンとの隙間をパイプを加工した
                                             スペーサーで埋め、モーター軸にもヤスリで「Dカット加工」した上で圧入。
 

クラウンギアの2㎜軸をΦ3㎜パイプの内径、2㎜、で受ける形の軸受    ファンは面倒ですがやはり自作するしかありません。
構造で構成します。                                 何枚羽根かもわかりませんが、分割し易い8枚羽と決めました。
 

先頭車2両分の羽根ユニットが完成。厚み方向のスペースが苦しいので  これで準備完了。
敢えて羽根のひねりは入れていません。
 

ファン駆動ユニットとしての機能確認です。                    そして車体にはこんな風に挿入して組み込むつもりでしたが・・・。
 

こんな風に組み込むつもりでしたが、抜けがありました。           写真の左端のところが屋根より切り込まれた段差となっていて、モーターの
                                             頭が飛び出してしまうことが判明。
 

それで急きょモーターの取り付け位置を下げました。
泥縄式ですがちょっとしたアダプター板を介してモーターを取り付ける方法  改めて車体に取り付けるとこんな具合です。モーターと白いギアが顔を
で実現できました。                                   出していますが、周辺のディテールが判明するまでこのままとします。
 

ファングリルはエッチング抜きのネット状板を使うか、金網にしようか、
迷いましたが、以下の簡易的な方法で製作することに。
14,11,8,5mmΦの4種類のパイプを輪切りにして作ったリングを厚  パイプを輪切りにして作った4種類の直径のリング。
さ1mm程度に摺り合わせ、内径15㎜の円筒径の外筒内に取り付けるこ
とで表現。
 

グリルの構造を作り込みます。
細心の半田付作業です。細かい作業と同心円のリングに、老人の目が  6方向の支えを半田付し、構成させました。実車の情報はわかりません。
回ります。
 

回転羽の保護グリルの構造は業務用大型エアコンの冷却ファンを見ても  ファングリルをファン駆動ユニットとは別な板にまとめ、うえからかぶせて
こんな感じだろうと割り切って決めました。                    ネジ止めする方法としました。
 

グリル取り付け板を内側から覗くとこんな感じ。                 全部のユニットを取り付けるとこんな風に収まります。
                                             ファン列前後のスペースに入るディテールは情報が不足しているので
                                             後日その情報を入手でき次第追加することにします。
                                             5月1日以降、運行開始されれば、上野駅近くの陸橋上から屋根上の
                                             詳細写真を撮れるのではないかと期待しています。
 

横から見ると、実車のそれよりか若干背が高い様子ですが、妥協。


TO 製作17へ
TO 製作15へ戻る
TO TOP