四季島製作-17

2017年5月14日アップ

そろそろ車体のディテール作りの作業に入ります。
車体脇のディーゼル機関室通気用ルーバーは、ルーバー部分の外側
の囲い枠があって、2重構造となっています。
その外側の枠表現を「筋彫り」するための冶具を作りました。

この冶具と、                                      この冶具です。こちらは1号車だけにあるハッチ開口部分のもの。
 

冶具を使って筋彫り作業後、ルーバー部分に相当する範囲をくり抜き
ます。糸鋸切断とやすり作業で行いました。
益々穴だらけになってしまいました。
写真中の下にある3枚の板は、ルーバー表現用の、フライスでエンドミル  車体内側からルーバー板を半田付。
加工したものです。                                  ぐっと実感が湧いてきました。
フライスのヘッドを30度傾け、1mmピッチで送って切削しました。
板厚は0.8㎜使用。
 

進行右側だけの外観ですが、この角度からの光景は電車ではなく、機   次はディーゼルの排気煙突の作り込みです。
関車のイメージです。                                SLに比べれば控えめなものですが、リベットなど面倒くさい工作が。
 

こんな風に仕上がりました。



そろそろ自走できるように組み上げ、テストします。
後部動力台車と先頭のトレーラー台車とを床板に取り付けます。
 

台車外側が床板に当たらないようにスペースをとると、床板を2分割す
ることになるので、前後をつなぐ縦の帯材で結合しました。
 

                                             動力台車側を1点受けとしました。
                                             これで、自走可能となり、カント付のS字カーブで通過問題ないことを
                                             確認しました。
 


外装ディテール工作に戻ります。
前からいやらしい工作の様だと気にしていた運転室ドアの製作。
このドアは四季島のデザインのもっとも特徴的な部分のど真ん中に
位置します。
四季島のデザイン・イラストが発表されたときはこのような不細工な部分
はありませんでした。
しかし、デザインが具現化してきたらこんなドアが着くことになってしまい
ました。

車体本体からドア部をくり抜いた部分を嵌めてみました。           それに相当する部分を改めて新製するわけです。
                                             斜めの段差部分を別部品で構成し、こんな風にドア部品ができました。
                                             車体内側からドア部品を受ける「受け」を半田付してあります。
 

この程度パッチンとはまります。                          先頭車2両分、4枚のドアです。窓ガラス部分の外周辺の筋彫りも
乗務員出入り用の掴み棒取り付け部分の開口部も加工しました。     右端の冶具を使って実施。
                                             筋彫りには罫書用針でゴシゴシとしごきました。
 

そして窓ガラス部分の開口部も開け、ドアノブも取り付けました。
細かい作業になってきましたが、もっとも目立つところなので、気を
抜けません。                                     ハンドレールは塗装後に取り付けることになりますが、取り付け穴を開け
                                             ておきます。
 

この様に取りつきます。
本当は開閉可能としたいところですが、割り切りました。
 

ドア部内側は苦心の跡がありありです。



次は床下機器のカバー製作。
木型を作って曲げのアウトラインを作り出すことにします。
  

折り曲げ位置内側にPカッターで筋彫りを行って木型に沿って折り曲げました。
 

この作業は編成、全10両共通の工程なので、まとめて折り曲げ      実車では側面に通風口のグリルがにぎやかに並んでします。
ました。
 

この通風口をどう作るかが問題です。冶具を作ってしこしこと手作りするか、検討の答えはまだ出ていません。
 

試験的に冶具を作ってルーバーの横桟のみ作ってみましたが・・・。
どう作るかの結論は持ち越しです。                         なにはともあれ、ここまで進んできました。
 

製作スター時に作った先端部の形状冶具に対して、こんな感じで
出来上がってきています。



TO TOP
TO 製作16に戻る