四季島製作-23

8月13日アップ

いよいよ塗装に入りましたが、今夏の不順な天候で、カラリと晴れた日が殆どないまま
塗装を強行しました。

先ずは、本体の基本色であるシャンパンゴールド。
前述しているように、コンプレッサーなど所有しないため、市販の缶スプ
レーで行います。
タミヤカラーの「シャンパンゴールド」を吹き付け。丹念に5,6回吹き付け
たことと、床下機器カバーにも同様の吹き付けを行ったことなどにより、
1,10号車の2両の塗装で2缶では足りず、3缶目を少し使いだしました。
今回のために、10本の同色スプレーを仕入れていましたが、あと中間車
8両に対し、先頭車ほど使わないと思うのですが、剥がれの補修なども考
え、もう2缶購入しておきました。シャンパンゴールドなどという色は、そう   運転室周りの“黒”塗装のためマスキングです。
そう売れるものでは無いと思われ、メーカーの突然のディスコンも考え    シャンパンゴールド面に黒が飛んでは台無しですので、慎重にマスキ
今のうちに購入しておきました。                           ング。運転室上の窓後部の円弧上の塗り分け部が難しい曲線なので
                                              マスキングに苦労しました。
 

何とか大過無くできました。黒-シャンパンゴールドの境目のラインも、
脇の三角窓間の細い桟にうまくつながりました。
ここはデザインのポイントでもありますので、一安心です。          試しに三角窓のガラスを嵌めてみました。
 

ヘッドライト、テールライトユニットの組み込みです。
これを組み込むことと、全面窓ガラス(ワイパー付き)を組み込むことと
を同時に進めないと、しっかりと位置合わせができません。
LEDの後部への光線漏れ防止のための黒塗装を、水性エナメルでこっ  配線を行いました。
てりと行いました。
 

フロントガラスの左右両サイドにある、縦のシルバーラインとガラスの左  次は屋根上の微妙に色彩の異なる部分の塗り分けに入ります。
右端との間に位置するよう、LEDユニットを接着固定しました。        マスキングテープ(SCOTCH)は、机の上面などに2,3回貼り付け、はがし
デリケートな作業です。                               を行って接着力を弱めてからシャンパンゴールド面に貼り付けました。                                                         マスキングテープがどんどんなくなります。
 

本物の写真ではディーゼルの排気ガスで汚れていたりもするので、新車時代の正確な色の
見分けが難しいです。
だいたい、折角のシャンパンゴールド色の中に少しづつ色の異なる部分を配置したのは
技術的な理由なのでしょうか(VSEでの感電防止のための絶縁塗装の塗り分けのように)。
デザイン発表の時のイラストではこんなことはされてませんでした。
しかし、スケールモデル製作の観点からでは気に入らないながら、本物に似せることに腐心
し、写真中書き込みの各種スプレー色を駆使しました。


うーん、こんなところかな、と決めたところです。                 ディーゼルエンジン回りの別部品の塗装。
 

床下機器カバーの通風グリルパターンのシールを貼りました。        シールの水平高さ位置を揃えるために写真のような冶具を製作。
 

冶具の肩のエッジにシール端を当てることで、高さを揃えるという方法。  更に、ディーゼルエンジン排気ファン周りの通風孔にもシール張り。
                                             床下機器カバーよりもメッシュが細かいので、PC上若干縮小して
                                             専用のシールをプリントしました。縦横のメッシュの目数は大体実車並み。
 

実車写真と比べて、こんなところで手を打ちました。              更に「四季島」マークのシールを貼り、運転室天井窓ガラスを嵌め、
                                             屋根上の色塗り分け部分の各カバー類の境目の溝に「名前ペン」の
                                             細字側ペン先で“墨入れ”を行いました。
 

運転室ドアの手摺は、0.8幅、0.4㎜厚さの洋白帯材で作り、夫々黒とシャンパンゴールド塗装後穴に通して、車体
内側から接着しました。
運転室天井窓ガラスは、難しい三次元曲面でちょっと凸凹が残ってしまいました。
窓枠と窓ガラスとの隙間塞ぎ、ポイントの三角窓ガラスの嵌めこみなど次の関門です。


TO TOP
TO 製作22へ戻る