四季島製作-26

2017年9月30日アップ

約70の窓の整形をヤスリで行いましたが、全体が“樹林”のイメージとか  直前まで迷った、乗降口のドアの作り方。格好良くプラグドアが左右に
を頭において行いました。                              開いたりできたら、とも思案しましたが、とてもそんなギミックを実現でき
ただ、隣り合わせの窓との関係がずれると模様としての破綻をきたすの  そうに無く、妥協の産物として決めたのは、走行中の状態(ドアが閉まって)
で、窓と窓との間の“桟”の幅が均一になって、筋も通っている、という感じ いる)と客の乗降状態(ドアが開いている)との二通りの状態を“マニュアル
にしないといけないため、神経を使いました。                  操作で実現できれば良し”としました。
                                             ドア部分を別部品で作って、内側に仕掛けたマグネットで固定して、走行
                                             状態を表現したのが、これ。
 

そして、乗降状態を作るためにこのドアを外し、                 開扉した状態用の別なドアをやはりマグネットで止めると、こんな感じ。
                                             運転上は不要ですが、写真撮影用に使えそう。
 

開口部の左右部分の裏側に小さな丸いものがマグネットです。       反対側、上野駅で乗降口として使わない側のドア、は接着固定とします。
ドアの裏側に貼り付けてあるのが鉄片です。
 

屋根上のクーラーユニットと、本体部の切り欠き。
コルゲート部分の丸みと一致させるところが工作のポイントです。
 

裏側の半田付状態です。                              ファンは回転させません(前作、近鉄しまかぜでは回転可)ので、楽です。
                                             0.3㎜厚薄板を重ね張りしたりして立体感を出し、細かいネジの表現などを
                                             加えてクーラーユニットらしくなりました。8角形の窓には塗装後、内側から
                                             メッシュ板を貼り付けます。
 

内側から1.4㎜ネジ2本で固定。                          裏側の様子。
 

床下の水タンクのハッチ表現は0.4㎜厚帯板を縦に曲げて半田付。     そのための冶具を急きょ作成。帯板を縦に曲げるのは難しいです。
  

これを半田付し表現しました。                           乗降口正面に階段を数段降りるくつろぎスペースがあります。
                                             床板部分を切り抜き、浅い掘り炬燵のようなスペースを作りました。
 

ここまでたどり着き、あと一息で外観周りの粗組が終わります。台車の上に仮置きしてみました。


全中間車の屋根上写真を撮りました。パンタグラフは勿論ですが、結構複雑で工作が楽しめそうです。


TO TOP
TO 製作-25に戻る
TO 製作-27へ