四季島製作-30

2017年11月30日アップ

6号車、ダイニングカー製作で、どうやって作るかのテーマの一つが、   洋白のベースの円盤に面発光素子を取り付けるアームをハンダ付け。
このシャンデリア。八王子まで出向いて窓越しに撮影しました。       発光素子を模した洋白の長方形チップをアームの先端にランダムな向き
長方形の面発光素子(有機LEDとか)が沢山並んだものです。       にハンダ付け。
 

何とか全数ハンダ付け完了。                           模型では発光させることはできないので、少しでも反射による光を出そうと
                                             ステンレスの薄板を張り付けることにしました。
 

先にハンダ付けした洋白板と同寸法に切ったステンレスチップを両面テー こんなところでどうでしょうか?室内の他の発光の反射で、キラキラ光って
プで貼り付けたところです。                             くれるかどうか。
 

一つ難問解決。外回りの残りの作業に戻ります。
車体裾のカバー部にある機器類の点検用蓋の表現は写真のような冶具 Pカッターでひっかくときは、冶具板をハンダ付け固定して行いました。
を作ってPカッターで筋彫りです。
同じ作業がこれから着手する7号車でもありますので、冶具を作りました。
 

再び室内作業へ。                                  座面は1㎜厚ヒノキ板。背もたれなどは2種類ありますが、真鍮板でやはり
椅子作りです。9テーブル、18脚です。                      型紙を作って切り出し、折り曲げで作りました。
0.8㎜真鍮線で骨組みをハンダ付け。“たった18”なので楽です。
 

真ん中の列が背もたれの形状が違うものです。                窓ガラスの製作。
                                             折り曲げ冶具を改造(折り曲げ内側に当たる方の円筒径をふとくして、折
                                             り曲げ内側に発生する「皺」発生を改良しました。あとは5号車と同様です。
 

お湯の中でのアクリル板成形を経て、必要数完成です。           各窓部に寸法を合わせながら(糸鋸で切断して寸法調整し、本体内側に
                                             位置決めして仮固定しました。
 

このダイニングカーの内壁は窓部分を意識した矩形の色違いパターン
で覆われています。その再現のため、窓ガラス板を内壁と兼ねる構造   そして窓位置を外側からケガキバリで軽く引っ掻いてケガキを入れました。
としました。
そのため、窓部分を透明な状態にしたまま、壁部分を模様パターンで
覆うため、窓位置を寸法的に確定させないといけません。
窓位置を確定させるため、窓ガラスの位置決め用部材をハンダ付け
しました。
 

テーブルランプは取り付けますが、天井にも灯りを取り付けます。      天井の形状を写真から推測して100円ショップ製品のファイルの表紙の
120度広角発光のLEDを写真のように配置。                  プラ板を使って作りました。この天井も矩形パターン模様に塗装します。
 

次はワインセラーの製作です。
中身のワインボトルは必須ですが、メタリックな作りの本体をどう作るか  ワインセラー本体はステンレス薄板から切り出して、4隅の角を内側から
思案の楽しみでしたが・・。                             角材を接着して箱型にしました。
結局、3㎜真鍮丸棒をボール盤でヤスリ整形して15本作りました。      窓ガラスは、ヘッドフォンの製品箱の使われていた筋模様入りのプラバン
                                             を流用。
 

ワインボトルは塗装後、シール貼りでラベル表現し、適当な落書きでラベ  
ルの感じを出しました。                               まあまあ、雰囲気は出たかなと勝手に悦に入ってます。
私としては、「大吟醸」とかにしたかったのですが。
 

TO TOP

TO 製作-29へ戻る