四季島製作-31

2017年12月15日アップ

6号車ダイニングカーの室内造作の製作です。
実車写真を見るとメタリックな感じの模様です。これをどう表現するか検  一段高いところの席へは階段で上がります。
討した結果、このような斜め線によるパターンを利用し、A-oneA-oneの  調理場脇の通路を通ってそのフロアに上がります。
シルバーメタリックシートにプリントしてみました。
実車の感じにそっくりではありませんが、これで進めることに。
 

食事のテーブルは全部で9つ。
テーブルランプのLEDリードを通す穴をあけておきます。           手芸材料屋さんで入手できる、飾り環を加工して、φ5mmLED電球色
                                             を仕込みます。
 

此の飾り環の内径が少し狭いので、簡易プレス冶具を作って内径を広げ お客さんは全部で18人。常連さんに登場してもらい、刷毛塗りで身を整えます。
ました。                                        定員の少ない観光列車は楽です。“痛”勤電車は作りたくないですね。
 

前述LEDを仕込んだテーブルライトユニットを接着し、床板の周縁部に配  さらに、席の間の衝立なども取り付けました。
線を施し、テーブルクロスもかぶせて通電。
ワインセラーも接着。
 

全景はこんな感じです。                               通路脇の壁は、実車では単なる無地の壁ですが、模型としてちょっと
                                             冒険。模様入りの和紙を壁紙として貼り付け。
 

階段付近も飾りました。                               厨房にはIH調理器の台もしつらえました。
 

                                            室内内壁には矩形のパターンが施されているので、どう再現するか検討。
                                            窓ガラスのアクリル板を内壁全体を覆うようにし、透明な窓開口部ににマス
                                            キングして内壁側からスプレー吹き付けでパターンを表現することにしました。
                                            アクリル窓板材を熱湯で折り曲げ成形し、位置決めのリブを車体内側にハンダ付け。
調理場場。ピカピカのステンレス板を張りました。              全部で6枚のアクリル板に分け、製作。写真は窓開口部を残してマスキングテープを
                                            剥し、塗装の準備ができたところです。こんな手法は初めてです。
 

調理場前の通路脇の窓部分のマスキング状態です。             マスキングテープ側から、タミヤカラーのTS-1:レッドブラウンを吹き、
窓開口の位置決めは、アクリル板を押し付けておいて外側からケガキ針 パターンの中のブラウン色を残す部分に再度マスキングを施し、黄土色
で窓内側エッジに沿って引っ掻き傷をつけてマーキングし、カッターで   (アトムペイント:水性スプレーの黄土色)を吹きました。
塗装部分のマスキングテープを切り取り剥しました。             マスキングを剥すとこんなパターンが浮き上がります。
 

表側から見ると、最初に吹いたブラウン色が透けて見えます。        パターン間にサインペンの細字側でラインを適度に入れて、図面上に
                                             配列してみました。
 
 
位置決めのリブの間に落とし込むとピッタリ。マスキングした部分は車体  実車車内部の印象に少しは近づいたでしょうか。
の窓開口部に合致します。
 

アクリル板に模様を塗装した内壁兼窓ガラスを接着し、シャンデリアも   完成! 控え目にテーブルランプを灯して。
取り付け、全部の照明系を点灯した状態です。                屋根のコルゲートは5号車と同じ手法で製作。2台のクーラーユニットも
LEDはφ5㎜、電球色で配光角125°の広角タイプです。          5号車と同じものです。左側のクーラーに並んでいるのは水タンクだそうです。
 

反対側です。 右側は通路に面した小窓が並びます。             優雅にお食事を楽しんでいらっしゃいます。
 

車内を見上げると、苦労して作った例のシャンデリアが見えます。


さあ、次は何号車を作りましょうか。いずれにしても、まだ6両残っています。

TO TOP
TO 製作-30に戻る
TO 製作-32へ