四季島製作ー24

2017年8月31日アップ

マスキング塗装で内側の黒縁(Hゴム?)と外側からの銀灰色でのHゴム
(?)表現マスキング塗装を済ませている三角形の透明アクリル窓ガラス
を嵌め込みます。
車体外表面より少しガラス表面が沈み込む位置になるよう、硝子受けを  これで、見せ場の窓ガラス類が全部入ったことになりますが、
半田付してありますが、エポキシ接着剤をほんの少し付けてガラスをは  真鍮ボディとアクリル硝子の隙間がどうしても発生して、内部照明を点灯
め込みました。                                    すると、そこからの光漏れが出てしまいます。
外から押されても硝子受けがあるので、内部にガラスが落ち込むことは  この後の光漏れ対策が必須です。
ありません。
 

運転室天井の4枚のガラスの隙間対策です。
インテリア装飾用の薄い紙製のマスキング粘着テープをガラス内側の
黒マスキング塗装枠(Hゴム?)からはみ出ない範囲でぎりぎりのところ  展望室の窓ガラス隙間対策も運転室と同様な手法で行いました。
に貼り付け、ガラスと窓枠間の隙間を塞ぎました。              マスキングテープは白を使い、三角硝子内側に行ったHゴム(?)風黒
この種のテープはいずれ剥がれてくることが考えられますので、要所   塗装を隠すように貼り付けました。
要所にエポキシ接着剤を塗布しました(光っているところ)。         マスキングテープを貼っていない真鍮地肌部分を中心に水性エナメルを
幸い、運転室のガラスはすべて「スモーク色」のため、内側のボロが    刷毛塗を行いました。マスキングテープ部分にもエナメルがはみ出させ
見えにくくて助かります。                              ますが、その境目は組み込んでしまったら目立ちません。
                                             本当は白のスプレーでも吹きたいところですが、無理です。
 

天井ガラス部分は作り直した分だけ、良くなりました。             展望室の床板は写真のように、運転室のそれよりは一段高くなっている
透明アクリルにスモークの吹き付けなので、曇りガラス風になってしまい、 ので、その嵩上げ用の板を2枚使って位置決めしています。
折角の運転手のお姉さんがぼやけてみえるのが、ちょっと残念ですが。
 

そして展望室の灯りを点灯すると・・・。                      心配したガラスと真鍮車体との隙間はうまく隠されたようで、ほっとしま
                                             した。
 

冷却ファンはその回転が良く見えるよう、羽根を白く塗りました。       床下には、室内灯用バッテリーと冷却ファン用の2組を設置。
                                             台車も取り付けました。
                                             1,10号車の夫々の後部(運転室とは反対側)台車が動力台車で、車体
                                             に対し1点支持受け。運転室側の台車は空気ばね上面で受ける2点支持
                                             です。
 

後部妻面に室内灯、冷却ファン用モーターのSWを取り付けたので、、配  1,10号車のペアが完成。
線経路が長くなってしまいました。四苦八苦の配線処理でした。
計画的にレイアウトしていれば、もっとスマートにできたのでしょう。
 

ヘッドライト、テールライト点灯もOK.
 

スモークガラスを通してかろうじて運転手のお姉さんが認められます。   後部妻面は後ほどもっとディテール情報が入手できたら、追加工する
                                             予定です。
 

冷却ファンの回転動作状況です。                         停止状態。
 

R2000mmでの後部妻面同志の連結状態。                   同様にS字曲線通過状態。両車幌面が滑って食い違っています。
 

そして、横濱模型鉄道倶楽部、2017年8月の運転会で初めての運行。
 

TO TOP
TO 製作-25へ
TO 製作23に戻る