四季島製作-35

2018年2月14日アップ

全編成、10両のうち5両が完成し、残りの5両については殆ど車内外構成などが同じで
共通部品や加工部位の作業をまとめて行うことにしました。

すでにまとめて作っておいた残り本体5両分を引っ張り出してきました。
作業として難航が予想された屋根部の切り取り作業から取り掛かります。屋根部を大きく切り取るので、折り曲げた真鍮板の折り曲げ時の残留
応力でボディ全体の変形が予想されます。
それを防止するため、事前に切り欠き後の屋根板をハンダ付けして強度保持とします。
車体底面から屋根板までの高さを位置決めするための冶具を作り(写真の中の赤〇印の「H」形状のもの)、それに合わせて屋根板を内部から
ハンダ付けしました。
これにより、屋根頂点を切断しても車体が外に膨らんだりしないだろうことを期待しました。     
 


加工手順を検討した結果、フライスでまずは屋根の頂点に沿って切り込みを入れました。
糸鋸が入りませんので、こんな時にフライスは大変有効です。       
その前に切り欠き後の屋根縁の高さのラインに「Pカッター」で筋目を深く入れ、切り取りのラインを描いておきました。                    
Pカッターの筋目を入れる作業に当たってはスケールを両面テープで車体に接着固定し、ラインがずれないようにして行いました。
 

屋根上の切り取り準備ができ、妻板とのハンダ付け部分を変形させないように注意深く筋目に沿って折り曲げます。
一気にやらず、少しずつ折り曲げの角度を増やすのがこつです。
数回折り曲げを繰り返すと、加工硬化が進みぽきりと折れます。


無事切り取った状態です。事前にハンダ付けしておいた屋根板が顔を
見せます。切り取り破断面はギザギザしていますので、ヤスリで整形します。


そして切り取りエッジの内側に3mm幅、1mm厚帯板をハンダ付けして  こんな風にして5両分、量産できました。
強度を補強しつつ直線出しも行いました。                    切り欠き屋根の加工が終了し、一つの関門通過です。
完ぺきではありませんが、400mmを超える長さのエッジがそこそこ
真っすぐになりました。
 



次なる工作はこれまた高いハードルであるパンタグラフの製作です。
ワンアームパンタは今まで8基(VSE4基、しまかぜ4基)作ってきましたが、いまだにその製作手順が
決まっていません。パンタの原理を正確に理解していないためもありますが、各種書籍などを漁っても
その工作に活かせる技術的説明を探せていません。
そんなことより、今回も外観的資料から姿を似せて作ることに腐心しました。

2018年11月幕張メッセで開催の「鉄道技術展」展示も参考になりました  四季島のパンタ付近。鶯谷駅にて。
が動作機構の寸法的理屈はわかりませんでした。
 

四季島、上野13.5番線にて撮影。



今まで同様、台座の寸法を正確に決めるための冶具を作り、碍子を介し
てに固定する根元から作ります。
碍子固定部のちょっと複雑な形状の支持部は4mm幅のチャンネル材
から切り出しました。
現在、この種の材料を販売しているところは、「いさみや」ぐらいでしょう   パンタ台座の冶具です。4点の位置決め穴にはM1.0のネジを切って
か?年数回出向いて、まとめて購入しておきます。              固定できるようにしてあります。
写真は下から、素材、切り出し、中間加工段階、完成状態です。      写真は1.5mm角材で前後の部品をハンダ付けしたところです。
 

台座全部を締結したところです。
白紙はハンダこての熱を少しでも奪われないようにするための断熱用   φ1.5mmの回転支持機構部分のハンダ付け完了状態。
です。                                         各部の直角度を出すために、冶具上に直交線をケガいてあります。
 

4基のベースができました。                            パンタ立ち上がり部の「T」字状の固定部補強部材。内径φ1.5mm
                                             パイプ材から加工。切り欠き部を軸に巻き付けるように曲げます。
 

この「T」字部分の直角度を出すために、板に直交線を描いておいて、
その上で位置合わせをしながらハンダ付けしました。
 

「舟体」製作です。1.2mm幅0.4mm厚の洋白帯板と1mm幅、     1mm洋白線で「ホーン」をハンダ付け。
0.4mm厚1mm幅真鍮帯板とを組み合わせました。            二つの舟体を結合する部材もアングル材から製作。
真鍮板部は、完成後磨きだして、「すり板」表現とするためです。      部品がどんどん細かくなって、目に負担がきます。
 

外形1.5、内径1.0mmのパイプ材で舟体のイコライジングの回転機構
を作りこんで、合体しました。うっかりハンダこての熱が回って、それまで  目も、肩も凝ってやっとここまでできました。
付けた部分が溶けてしまわないように、細心の注意が必要です。
 

                                             今のうちに摺り板部を磨いておきます。
 

パンタ上半分のアーム製作。
φ1.5mm真鍮線で支持棒を作り、舟体の回転機構のパイプ材に「T」  上部アームと下部アームの回転連結部の部材を、真鍮角材(4mm)から
字状に直角がでるようにハンダ付け。                      フライスで切り出し。小さい部品です。
 

その部品を上部アームを曲げた後ハンダ付けし、下部アームと回転でき 「パンタ持ち上アーム」を、パンタ台座の先端部から立ち上げるように
るように連結。                                    上部アームの先端に回転連結します。
                                             前掲写真で折り曲げた上部アームの先端を切り取り、内径1mm
                                             外形3mm角パイプが挿入できるよう上部アーム先端を角状にヤスリ
                                             加工し、挿入します。
                                             その角パイプの幅方向に「パンタ持ち上げアーム」先端をピン結合で
                                             取り付けます。
                                             舟体のイコライジング用リンク機構は、舟体の片側下部につけた部材と
                                             パンタ下部アームの上端付近に開けた穴とを0.5mm洋白線で結合。
                                             これで、上下させると舟体の水平も維持されながらパンタの立ち上げと
                                             折り畳みとが作動できるようになりました。
                                             以上の作業が最大の山場で、夢中のあまり途中写真を撮っている余裕が
                                             ありませんでした。
 

組み立て完了です。                              立ち上げ状態のロック機構は台座下部のバネの凹状部にレバーが落ち込む
                                             ことで決められるようにしました。
 

                                            
 

                                             摺り板の架線摺動面にマスキングしてグレー塗装後、摺動面をクリア塗装。
 

パンタ立ち上げ用プランジャはこれから取り付けですが、動作機構的には
これで完成です。
正味5日間の“格闘”でした。しばらくはパンタグラフのことは考えたくあり
ません。


TO 製作ー36
TO TOP
TO 製作-34に戻る