四季島製作ー36

2018年2月28日アップ

屋根上機器類の製作に入ります。
各車両、屋根上のユニットが大きく二つにまとめることにしました。
長い方が、クーラーユニット3台と水タンクです。
短い方はクーラーユニット1台とブレーキ抵抗器、となっています。
注意しなくてはいけないのが、4号車のみ短い方のユニットが、ブレーキ
抵抗器が無くて、クーラーユニットのみと、極端に短くなっています。

各ユニットの裏側には補強用のφ4mm無垢材を接着しています。
これは、ユニット表面にクーラーやブレーキ抵抗器などのユニット間の
境目の筋彫りをするときにその応力で変形を防ぐためです。
 

各車両の屋根上にユニットを載せてみました。
ユニットの幅と本体の屋根の切り欠き部の幅とをぴったり合わせこむ切削
調整作業がてこずりました。
 

クーラーユニットなど、屋根上に厚みの凹凸がある部分のディテール
表現のために0.3mm真鍮板をハンダ付け。
エアコンユニット部は写真の左端のように、内部から冷却ファンのネット
を貼りこむ部分を一段下げるため、内部に大きめの開口を開けておき
その部分にネットを落とし込んで接着します。
写真の左から右に向かって。、
 ①エアコンファンネット貼り付け用の四角形開口と、立体感を出すため
  の0.3mm厚板・
 ②ファン開口部形状をけがくための冶具板
 ③0.3mm板にファン開口を切り出したところ
 

長い方のユニットです・端部に見える小突起は屋根に固定するための   短い方のユニットです。短いのは4号車用で、ブレーキ抵抗器が無くて
腕で1.4mmネジ穴が開いています。                      エアコンユニットのみとなっています。
 

実車の屋根上写真に合わせて並べると、こんな感じです。
  


ここで、屋根上のパンタ座を含めた様々な形状の碍子をどう作るかの検討
です。
パンタ座の碍子のケースです。
結局この方法でやれそうなので、秋葉原の西川ネジに大量の材料を
仕入れに行かなくてはなりません。

φ2.5mm真鍮丸棒からφ2.3mm程度にボール盤で細くしたものを
作ります。                                        とりあえず、パンタ座用のものを16個作ってみました。
そうするとM2mm用ワッシャの内径にピッタリし、ガタが少なくなります。    小径の部分に糸鋸の歯で切り込みをいれたらいすれば、よりシャープな
そこで、外径の異なるM2用ワッシャ、「大」「小」を交互に前述の軸に通し   感じに整形できると思います。
積み上げて碍子の形を整えます。                          これ以外の碍子も基本的に同じ方法で作れそうです。
適度にハンダフラックスを付けておきますが、最後に最上部からフラックス  こんなことでも“頭を使うと”老人の良い刺激になります。
を多めにたらし、多めのハンダを付けたハンダこてで一気にハンダを流し
込みます。最下層までハンダが流れたことを確認したら、OKです。
 


TO TOP

TO 製作37へ

製作ー35に戻る

shikishimaseisaku37.htmlへのリンク