四季島製作-39


2018年4月14日アップ

残り中間車5両のうち、4号車(パンタ無)だけは屋根形態が異なります。実はこのことに気が付いたのは、他の中間車4両を作っている最中でした。
うっかり2,3,8,9号車と同じに作ってしまうところでした。
4号車はパンタや直流・交流機器類がないため、屋根上がすっきりしていますので、その分屋内の天井高を稼ぐため、屋根高さが一段高くなって
います。
それまで、2,3,8,9号車と同じ構造で作っていましたので、急遽その嵩上げ工事をすることになりました。
この辺の実車確認のため、何度目かの鶯谷駅陸橋に向かいました。

嵩上げのための屋根板を追加で作って、そこに屋根上機器や配管類を
取り付け、ネジ止めで固定することにしました。
 

他の部分も同様にして屋根の嵩上げ工事です。
 

4号車の屋根上は気が抜けるほどすっきりしています。            3号車と比較すると。これで屋根上工事がすべて終わりました。
 

とうとうやってきました、窓開け工作です。
一両、両側で70個近く窓がありますので、5両で300以上開けなくてはなり  φ0.8mmドリルを咥えたピンバイスで窓の位置(上下・左右)を軽く
ません。殆ど同じ配置なので5両分一気に、とはいっても何日かかること  揉み込みます。
やら、開けてしまうことにしました。
図面コピーを車体に貼り付け。
 

窓四隅にφ1.2mmドリルで穴を開け、1mmエンドミルで窓のケガキ線
ぎりぎりにカット。
その後はヤスリで寸法だしと同時に整形作業です。
本内容をアップした時は、3両目まで(約200個所)窓開口工事が進み
ましたが、いい加減うんざり。


TO TOP
製作-38に戻る