四季島製作-41

2018年5月14日アップ

初めて全10両、仮ですが連結です。“うわーっ長い!” 50センチほど行ったり来たりの走行確認。
製作中の中間車、(未塗装車両)手前から9,8号車と後ろに4,3,2号車とつながっています。
何と全ボギー台車のうち、車軸1本が絶縁側と非絶縁側とが間違って組まれていることが判明。
この段階で発見できて幸運でした。


一応走ることが確認できたので、また分解して残りの中間車5両の室内製作に入りました。

図面をもとに各車両3部屋づつある「スイート室」を仕切ります。     4号車のみ、1部屋がバリアフリー対応となっており、部屋の構造やドアが
また通路側の壁も取り付け。                            異なります。
これらには1.5mm厚さのイラストレーションボードを使用。
    

真鍮板とシナベニヤとの合板上に部屋の仕切りを接着。           各部屋のドア、通路からの出入りドアと居室と洗面・トイレ室仕切りのドア
塗装はアイボリー。                                 を本物とは異なりますが、雰囲気が似ている和紙で表現しました。
  

室内にはソファーベッド、ロッカー、テーブルと椅子、壁のインテリアなど
作りこみました。15部屋分なので、すべてX15と大変でした。
また、壁には模型として窓からよく見える位置で壁が寂しいので、オリジナ  フィギュアはいつものプライザー。一部最近渋谷ハンズで見つけた建築
ルとして模様入りの和紙を金属枠に挟み込んだ額装を取り付けました。   模型用の日本人的未塗装品を使いました。
こういう作業は本物にとらわれないで自由に楽しめて良いですね。      このぐらいの人数なので、刷毛塗りも楽です。
  

                                              四季島スイートは風呂が無く、シャワーだけです。
                                              洗面、トイレ、シャワーの部屋のドアは表現しましたが、ベッドのある部屋
                                              の大窓からは中が見えません。小さな■の窓が3つあるだけだし、ブラインド
                                              おろしているほうが自然なので部屋の中は省略です。
                                              しかし、1部屋のみ写真のように便座を除いて、シャワー室と洗面台とを
                                              作りつけました。
                                              ここの窓のみブラインドを上げた状態とします。
  

ベッドの背後の壁の幾何学的パターンは本物の写真を見ながらPCで作画 丸テーブルと丸椅子は真鍮パイプを加工して製作。
しプリントしたものを貼りました。                          この写真と次の写真中に写っているフィギュアが前述の新しく見つけた
縦長の飾りは手芸用品店で入手したものを貼り付けました。         もので、日本人らしい姿です。
ベッド本体は木製で、白色のフエルトを貼ってベッドの表現をしました。
ソファー状態です。
  

                                              通路側の壁には仕切り部分のアクセントを表現。室内、通路など床には
                                              薄い木の板を貼り付けてあります。
  


TO TOP

製作-40に戻る

製作-42へ

180531shikishimaseisaku.htmlへのリンク

shikishimaseisaku42.htmlへのリンク