四季島製作-42

2018年5月31日アップ

中間車5両の室内照明製作。
電球色の3mm径LED,1車両あたり15個、25Ω抵抗を入れて、控え目な電流で使用します。
電流もそこそこ大きくなるので、1W容量の抵抗50Ωをパラで、25Ωとして構成。

銅箔基板の中央に絶縁帯をPカッターで切り込み、LEDをハンダ付け。    全5両に基板取り付け。左端はバリアフリー対応の部屋のある4号車。
  

8号車点灯。8号車の中央の部屋のみ(フィギュアが立っている)シャワー  洗面台、ミラー、シャワーヘッドなどを小窓越に覗けます。
ルーム内の造作を作りこみました。                        部屋の壁には実車にはありませんが、和風の模様の額装を掛けました。
  

通路側には、各部屋のドア上部にLEDを取り付け。床には木製薄板を貼
り付け。                                         2号車内部です。
  

塗装に入ります。台所用クレンザーを歯ブラシに付けてごしごしと車体内  次は屋根上のグレー塗装。さらにメインのシャンパンゴールド塗装です。
外をまんべんなく磨きました。陽気が良くなってきましたので、室外での   ストレートな車体のマスキングは難易度は低いですが、5両分なので手が
作業が苦になりません。                               かかります。
室内をアイボリー塗装、しっかりとマスキングします。              
  

屋根上機器類は碍子のみ白塗装なので、分解して塗装。           2,3,8,9号車のみ電気系統の屋根上機器類があり、それぞれの分解
数が多く、似通っているので塗装後に戻せるようにあらかじめスケッチを  塗装後に再組み立てし、ユニット化したものを分類整理。
残しておきました。                                  パンタグラフは別に整理してあります。
  

塗装が終わった各部品やユニット。                        窓ガラスの成形したアクリル板を接着。剥がれ防止の補強として、4mm角
この後、随所に格子模様シールや、号車番号シールなどを貼り付け。    材を要所に接着。
ドア部やクーラーユニットの筋彫りへは油性サインペンで墨入れも行って
おきます。                                             
  

クーラーのグリルにはこのメッシュ版を採用。8角形のファン窓内側に接  最後に屋根上機器類を取り付けます。ユニット組が終わっているので、
着。                                           ネジ止めで済みますが、類似部品が多いため、実車写真を見ながら
その裏側に「H」形補強枠」も接着し、さらにファンを模したプリントパターン 誤組み立てが無いように進めました。
を貼りました。                                     細かいところのレタッチも施します。
  

8号車(左下)と9号車のパンタグラフ周辺。
電力線は0.8mm径銅線を使用。碍子からの引き出し部には電子部品
の「ラグ板」の先端をカット流用し、銅線をハンダ付け。             同じく、8号車(上)と9号車を反対側から見ます。
交直両用機のこの種の造作作りは初めてです。。
  

パンタグラフと反対側です。手前が8号車、向こう側が9号車。         全10両完成。左から1~10号車。
                                              タミヤカラー、「シャンパンゴールド」スプレー缶は12本購入中3缶が
                                              手付づに残り、、2缶が使い掛けで残りました。
  

左は4号車バリアフリー対応の部屋で、杖を突いた老夫婦が乗車。
後日車椅子を作って部屋の片隅に置こうかと考えています。          9号車室内。
  

矩形パターンはPCで制作し、貼り付け。                      通路側です。こちらにも歩いている人を配置した方が良いかも。
  

基本的に読みが外れた運転席の窓ガラス選択。
硬質塩ビのスモークタイプを使いましたが、濃すぎて運転手が良く見えな
くなってしまいました。
この写真は正面からライトを当て、運転手を浮かび上がらせています。


暗くなってから室内照明を灯して。手前が10号車で、運転手が乗車しています。


そして、試運転。とはいっても約5.5mもある編成、自宅部屋の中に苦し紛れの試走コースを設置し、片道2m程の
試走確認。ポイントとなる「S」字カーブのカント切り替わり部分での脱線などがないことを確認。
問題は無かったので、8月18日(土)の横濱模型鉄道倶楽部第13回運転会では周回できることと確信しています。
構想から約2年(1年10ケ月)が経過し、老眼も進んで、体力的にも限界を感じながらの製作でした。
実走行後の不具合個所や、新資料の入手などにより追加加工も出てくるかと思いますが、ひとまずは区切り
とさせていただきます。
近々、田植え後の稲の伸びを見て、借景での撮影も行う予定です。
長きにわたり、つたない製作記録ご購読いただきありがとうございました。



【事後談】

梅雨入り前に塗装を済ませたいと製作最終段階は自宅に引きこもり状態の追い込みとなりました。
しばらく電車に乗っての“お出かけ”も無かったのですが、昨日久しぶりに銀座(モケー屋、CD屋)、
秋葉原(メイドカフェでなく、電材仕入れ、YFSというフィギュアショップ初訪問)へ。
この前交通機関に乗ったのはいつだったんだろうと、パスモの履歴プリントをしてみたら、なんと浅草
の「鉄道模型市」以来、丸々1ケ月のブランクでした。




TO TOP
TO 製作-41へ戻る
TO 製作-1へ戻る