流線形関連所蔵図書

◆2017年11月15日追加情報

[Classic Trains] Vol.18 という雑誌を銀座天賞堂で購入。
特集は 「CHICAGO in the 1930s 」
1886年生まれの William Ranke という人(ペンキ塗など家屋関連職人)が1930年代のアメリカ大恐慌時代
直後以降、流線形機関車類が登場しだした頃、シカゴ中央駅やその周辺で撮影した流線形機関車の写真を紹介。
当時としては斬新なデザインの列車、機関車類を祝賀に集う人たちの熱気も感じさせる写真を紹介。
Ranke の死後これら写真のネガは親族から第三者に引き継がれているとのことです。
これらの写真を集めた写真集が出ているとは書いていないので、多分出版されていないのでしょう。
いつかまとめた出版物として入手できることを願っています。

 


◆USA出張時、現地の模型やさんで購入。 左表表紙、右裏表紙
 


CLASSICトレインという雑誌が2005年に流線形を特集したもの。
100ページ近い大作。
この中で、GG-1のデザイン実務を担当したのは、LOEWYでは無く、
ドナーという別人であることを知りました。



渋谷のBOOK OFFで発見・購入。
 


これも渋谷のBOOK OFFで発見。各国の流線形機関車の批評を行っている。  日本のC55のことも載っているが、前面の凸凹で気流が乱れるに違いない、と
批評。
    


有名なS-1の先端に乗っている光景。
  

2015年末に西山洋書で購入。今までのとはちょっと毛色が違う内容。
 

日本人が書いた本。車両以外の様々な分野における流線形の考え
などに及んでいる。



2004年に渋谷の塩とたばこの博物館で開かれたLOEWYの展示イベント

パンフレットの裏表。写っているS-1機関車模型は私が貸し出したもの。

 


博物館で会期中販売した冊子。珍しく売り切れになったと聞きました。


機関車の部分です。初めて博物館発行の冊子に記事を書きました。



TO 流線形の章に戻る