横浜線の全踏切踏査行

◆2016年6月14日再編集掲載
2007年1月~4月にかけて、模型製作の運動不足を補うために、横浜線(東神奈川――八王子:42.6Km)全踏切を
徒歩により訪問した記録の、再編集版の掲載です。
プロバイダー側のサーバー利用容量が増えたので、古い写真から選んで、お気に入りの場面を載せました。

横浜線は都心からさほど遠くも無く、自宅最寄り駅、中山から良く利用している路線です。
都心から西方に向かってJRや、私鉄が伸びていますが、都心から離れるに従って、徐々に郊外・田舎の風情が
増してくるのがわかります。
しかし、横浜線はそれら路線を南北にぶつ切りに通過するため、前述のように徐々に風情が変るというより、山や
トンネル、丘陵を越えると別なエリアに飛び込む感じの変化が楽しめます。

普段模型作りにいそしんでいると運動不足になるため、社会見学を兼ねて徒歩で全部の踏切を訪ねてみようと
思い立ちました。
慌てることもありませんから、自転車でなく徒歩で、なるべく線路から離れないよう、地図を片手に一人遠足を
楽しみました。
体調・天候の良い時に6回に分けて実行し、線をつなぎました。勿論、スタート地点までと帰路は電車に乗車です。

実行した2007年当時、全部で46ヵ所の踏切があったと理解しています。
2014年2月に無くなったとされている矢部踏切(矢部駅に近接)は当時まだ存在していました。幅員1.8mと全踏切
中最も狭いものでした(相原踏切も幅員1.8m)。
また、共和第3はすでに無く、陽田第1と打越踏切との間にあったとされている二つの踏切もすでにありませんでした。
線路伝いで42.6Kmですから、歩行した近接の道のりは50Km強といったところでしょうか。

  ●全踏切一覧:2007年1月~4月現在

      東神奈川――大口   入江踏切
      大口――菊名      学校前踏切、法隆寺踏切
      菊名――新横浜    表谷戸踏切、表谷踏切
      新横浜――小机    新羽踏切、小机踏切、城山踏切、水流踏切、都築踏切、清水踏切
      鴨居――中山     志茂踏切、白山踏切、上山踏切、中山第一、中山第二踏切、川和踏切
      中山――十日市場  三保踏切、榎下踏切、宝袋寺踏切
      十日市場-長津田  北門踏切
      長津田――成瀬   東光寺踏切
      成瀬――町田     成瀬踏切、金森踏切
      町田――古淵     森野踏切
      古淵――淵野辺    津久井踏切、中渕踏切、共和第一踏切
      淵野辺-矢部     矢部踏切
      矢部――相模原    西門踏切、相模原踏切
      相模原-橋本     小山踏切、向陽踏切、小原踏切、高砂踏切
      橋本――相原     大山街道踏切、久保沢第一踏切、久保沢第二踏切、橋本踏切、田尻踏切、相原踏切、大戸踏切
      相原―八王子みなみ野   陽田第一踏切
      八王子みなみ野ー片倉
      片倉――八王子    打越踏切、京王日向踏切、小野路街道踏切

まずは東神奈川から。みなと未来のビル群を向こうに見て、東海道線などを立体で跨ぐ高架歩道橋
より横浜線のヤードを見下ろします。


最初に遭遇する東海道線にある浦島踏切。横浜線は立体交差のため、高架に登っています。
左が八王子側です。
すぐ向こうに京浜急行の踏切も控えていて、その間6台分しか入れないと警告が。
恐ろしいところだ。


踏切間6台まで、との警告が!ここは大口商店街の外れです。


距離は東海道線として、東京からの距離で、横浜線の踏切には含まれません。      東海道線などを跨ぐ歩道橋。左が横浜線。向こうが東神奈川駅。


大口商店街は結構長い。東神奈川側の外れには古い建物が。         最初の踏切、入江踏切。向こうは大口駅。


大口からトンネルを抜けると菊名へ。手前が菊名駅。徒歩では向こうの丘を越えます。                こんなお寺さんもあります。


小机城址がある城山のトンネルの手前にある城山踏切。           小机駅構内はずれのポイント。


小机から城山トンネルを抜けると水流踏切。名前の由来は?               中山⇒十日市場に向かうと宝袋寺踏切。農作業のトラクター。
山は、小机城址がある城山です。春は桜の名所。
 

踏切部分は2m幅員だが、前後の径は農作業用の踏み痕程度。近所で土器など生活遺跡も発見されている。好きな踏切です。
キタカド踏切と読みます。


最初踏切に通じる道がわからず、藪の中を警報機の音を頼りに探しました。


長津田の駅周辺は古い町の名残があります。                    長津田から町田寄りに東光寺踏切があります。
                                                向こうに見えるのは東急の車庫の屋根です。


長津田の東急のヤード。このへりを回って成瀬駅方面へ。                こんな高いところもあります。左が成瀬、町田方面。


成瀬から町田に向かって手前にある金森踏切。右側が長津田側。
10/1000の勾配で下っています。
町田―中山間、標高差70m程度あり、平均勾配は 7/1000で9.4Kmと長い。   こちら側からだと、坂道発進で踏切に入らなくてはならない。


町田から古淵駅に向かう。架線牽引用のシリンダー
状の装置?                             古淵駅に向かう途中、橋下に“通い傘”がありました。
                                    ご自由に、ということ?
  

町田~古淵に向かう途中は境川沿いのルート。                      淵野辺駅近くの商店街にあった自転車屋。


矢部駅が見えてきました。


2014年に廃止(地下道化?)になった矢部踏切。駅直近にあり、人通りが多い。幅員1.8mと最も狭い。
  

  その日は橋本止まり。冬場の日は短い。丹沢の山並みがくっきり。
  左から大山、右にちょっと離れてから塔が岳、丹沢山、蛭が岳と続きます。
 

次は橋本駅からスタート。駅のそばだけ都会です。            ちょっと、八王子方面に歩くと「大山街道踏切」があります。
                                           大山詣でに使われた街道の名残でしょうか?
 

相原駅に近づくとこんな景観があります。                       そして、警報音を頼りに見つけた相原踏切。幅員1.8m。のどかな踏切です。


大戸踏切の向こうに相原駅が見えてきました。                    新しい相原駅前広場の向かい側にはこんな美容院(だった?)が。
 

リラ美容室です。張り紙があって、少なくとも営業はしていないようです。


全踏切の中で最も気に入った陽田第一踏切。第二とかあったのか知りません。
相原駅から八王子寄りに少し行ったところにある、幅員1.8m、明るい村の中の踏切です。


相原から次の八王子みなみ野駅に向かうと峠越えが待っています。
電車はトンネルで。山の向こう側が八王子です。
 

峠の上で神奈川県と東京都の境界があり、八王子市側は舗装や側線の      片倉駅も過ぎ八王子駅まであと一息。京王線との立体交差。
ラインの引き方が違っています。                              京王日向踏切。ここからまたちょっとした丘越えです。


丘を越えて来て、最後の踏切、小野路街道踏切を見下ろします。
向こう側が八王子です。
手前の横浜線に近づいた京王線。                           ここに鎮座しているお地蔵さまが面白い。
                                                今でも電車の窓から見えます。


そして、八王子終着点。


TO TOP