new

241etatsl

FRANCE、 ETAT鉄道 241 SL(RENAULT POPPET式蒸気バルブ搭載)

This locomotive was used in French ETAT railroad. This locomotive is 3 simple expansion system and has a steam distribution
mechanism of the RENAULT method. A steam distribution valve is operated by the link coupled to the second and the third driving
wheels. I decided to do modelling because I felt charm in the elegant figure of this locomotive. And I planed to operate the RENAULT
method mechanism.
ETAT railroad developed this locomotive in cooperation with O.C.E.M company and was manufactured in Fives-Lille. This locomotive
has begun to be used for express train traction between PARIS-CHERBOURG which was a route with many ups and downs in 1932.
Improvement to produce a large quantity of steam for this difficult service was necessary. Steam of 20 ㎏/㎠, 5㎡wide fire box ,
mechanical stoker called SimplexB, combustion chamber having a long it of 1.5m, water scoop. This locomotive was exhibited at
BRUXELLES International Trade Fair of 1935.
 
Cette locomotive a été utilisée dans voie ferrée ETAT française. Cette locomotive est à simple expansion ,à 3 cylindres ,à soupapes
système RENAULT. Une valve de la distribution de la vapeur est opérée par le lien associé à la deuxième roue motrice et la troisième
roue motrice. J'ai décidé de faire la modélisation parce que j'ai senti le charme dans le chiffre élégant de cette locomotive.
Et j'ai décidé aussi d'opérer le RENAULT mécanisme de la méthode.
La voie ferrée ETAT a développé cette locomotive dans la coopération avec compagnie O.C.E.M et a été construite à Fives-Lille.
Cette locomotive a commencé à être utilisé pour traction du train de l'express entre PARIS-CHERBOURG qui était un itinéraire avec
beaucoup d'ups et duvets en 1932.
L'amélioration produire une grande quantité de vapeur pour ce service difficile était nécessaire. Vapeur de 20 bars, boîte du feu large
qu'il y a 5 mètres du carré, le chauffeur mécanique appelé SimplexB, chambre de combustion longue de 1.5m, écoupe de prise d'eau
en marche. Cette locomotive a été exposée à BRUXELLES l'Eposition Internationale de 1935.

この機関車はフランスETAT鉄道で使用されました。この機関車は 単式3シリンダー方式です。 またこの機関車はRENAULT方式の蒸気分配
弁を持っています。 RENAULT方式の機構では第2動輪と第3動輪に結合されたlinkによって蒸気分配弁が 作動させられます。 
私はこの機関車の優美な姿 に魅力を感じていましたので模型製作をすることにしました。そして、RENAULT方式機構も動作させることにしました。
この機関車はETAT鉄道がO.C.E.M社と共同で開発し、Fives-Lilleで製造されました。1932年にこの機関車は起伏の多い路線である、
PARIS-CHERBOURG間の急行列車牽引に使われ始めました。
この困難な運行のために多量の蒸気を発生させるための改善が必要でした。20気圧の蒸気、5㎡もある広い火室、SimplexBというメカニカル
ストーカー、1.5mもの長い燃焼室、water scoop 。 この機関車は1935年のBRUXELLES国際見本市に出品されました。 




この△形に組まれたロッドにより回転運動を取り出し、前のシリンダーまで伝え、ポペットバルブを駆動している様です。
運転の時にはこちら側が見えるような向きにして行います。








◆動力系変更工事   2020年10月14日アップ

1998年7月に完成した、この機関車ですが、モーターからの動力伝達で、ピニオンギアとクラウンギアとの組み合わせを2段で
行っていました。
減速比が取れるのですが、ギア音がちょっと気になっていました。
Ⅱ段目のギア組み合わせは、第三動輪のイコライジングで上下動したときでもピニオンギアの厚み分だけそれを吸収できる
というメリットを生かすためでした。
しかし、被牽引車(オリエント急行用コーチ)にもベアリングを入れたりして引き出し力を小さくしてきたため、機関車の牽引力
を若干落としても牽引できるのではないかということで、ギア音低減を目的に、ギアの組み合わせを1段にして、騒音の軽減を
はかりました。

22年ぶりに上下を分離しました。当時秋葉原で入手できた
SWISS製、S-CAPのコアレスモーターです。
当時でもギア音低減のため、ギアケースをかぶせましたが
あまり効果は無かったようです。
  

各軸受けには勿論ボールベアリングを入れています。
モーターとギア軸とを結ぶ、透明塩ビチューブは22年を経   ギアシステムをそっくり外した状態です。
ても健在です。
  

二回り小さめの同じSーCAPのコアレスモーターを垂直に
取り付け、当初のシステムの2段目だけの組み合わせとし
ました。これでも、引き出し力は200g発揮できます。
  

ついでに先台車、従台車の写真も。



★2015年1月31日追記
2015年1月11日、JORC例会にて。 K会員宅固定レイアウトにての運用。


ランボード下の、ピンク線がバルブを駆動するシャフトと考えられます。
シリンダー上の4本の縦に並んでいるモノがバルブと思われます。
 

万博などにも展示され、当時脚光を浴びたようです。
当時のポスターなどもいろいろ掲載されています。



TO TOP