南アフリカ共和国 26型 蒸気機関車:RED DEVIL の製作  製作ー1~15

製作-16へはこちら

◆製作開始にあたって    2019年8月15日アップ

またまた南アフリカの蒸気機関車を作ることにしました。アフリカのSLを作るのは同じ南アフリカ共和国のGMAM GARRATT
製作以来です。
この26型、RED DEVILもその色からして気になっていたSLですが、いまだに十分な図面が揃っていませんが、
模型製作上大きな関門である動輪やその他車輪の手配がついたので、くそ暑い中重い腰を上げて製作を
スタートさせました。
これで1年ぐらいの暇つぶしができます。

南アフリカ共和国鉄道には25C、25NC型という大型SLがあり、特に25C型では一度使った蒸気を長大なテンダーに作りこまれた
復水器(CONDENSER)で冷却して水に戻し再利用できるようにして、アフリカ大陸での上質な水入手の不利な環境に対処する特徴的な
機関車でした。
排気蒸気をテンダーに導く太く長いパイプと、復水器を積んだ長ーいテンダーが特徴です。
アメリカ型SLのHO下回りジャンクをカツミ模型で購入し、フルスクラッチ製作したことがありましたが、銀座のお店でどこかの外人さんの手に
渡りました。
今はどこかの国で元気に走っていることでしょう。下記写真。
 
   手前から3両目のファクトリーグレー塗りのSLが復水器をテンダーに装備した25C型。HOでフルスクラッチしました。
   手前から、PENNSYのFF-1  EL、VIRGINIAN鉄道のTRIPLEX SL、オレンジ色はSWEEDENの3ユニットの強力EL、
   KENYA鉄道の59型 GARRATTのHO,Oゲージ版です。
   Oゲージ品を除き、すべて委託販売してしまいました。どこかで元気にしていると良いのですが。


RED DEVILのもととなった25NC型(NON CONDENSER:排気蒸気の復水器が付いていない)はその25Cの兄弟機で、
それに近代の最新技術を盛り込んで、1981年、世界では実質的に最後の新開発蒸気機関車となったものです。
火室上部からも2次的燃焼用空気を注入して石炭の燃焼効率向上を図る、GPCS(GAS PRODUCER CONBUTION SYSTEM)方式の採用により
原油入手が不利な南アフリカにとって石炭燃焼方式での最大効率を狙いました。

GPCS⇒http://www.trainweb.org/tusp/firebox.html

それ以外にもロッド類にボールベアリングの採用なども行って、100年以上にわたったSLの歴史の最後を飾るものとなりました。
この開発にはSL設計で有名なフランスのアンドレ・シャプロンの弟子にあたる、WARDALEという技師があたったそうです。
実機の動体保存がされているようで、「RED DEVIL」で検索できる走行動画など多数WEB SITEにアップされています。
下記URLにて以上の26型開発内容の記述が閲覧できます。
https://en.wikipedia.org/wiki/South_African_Class_26_4-8-4#Combustion


◆製作-15  2020年3月31日アップ

資料も少なく、製作に困難を来した部分が機関車とテンダーとの接続部です。幸い、動体保存機のメンテナンスでテンダーと機関車とを接続するところの動画がYOIUTUBEで
見ることができ、静止画状態のプリントを行い、なんとか最低限のディテールを作ることができました。
SL製作ではどうしても機関車とテンダーとを切り離したシーンが少なく、YOUTUBE動画は貴重です。

普通は模型では作らないところのメカニカルストーカーの機関車とテンダ  機関車とテンダーとの連結はマグネットでワンタッチ。その上にあるパイプ
ー間をつなぐ部分を作りました。                          状のものがストーカーによる運炭通路です。機関車側の焚き口にどうつなげるかは
                                             あとで考えます。
  

テンダーの機関車側は結構面倒な構造です。                  テンダー後端部はこのようなyoutube画像があり、大いに参考になります。
  

                                              水用のホースの曲がった部分は真鍮線にスプリングをかぶせ表現。
  

機関車側の端部です。ここも十分に見える写真はありませんので、大分  上部の縁取りを真鍮線の半田付けで表現しました。
想像を働かせました。中央部の大きな開口は上半分が石炭取りだし口、
下半分はメカニカルストーカーの運炭チューブが通ります。
  

テンダー上面の情報も十分ではありませんが、様々な動画シーンから    内部ユニットも組み込むと、あとは水と石炭を積むばかり。
なんとか読み取ってディテールを作り込みました。
  

                                              床下には真空ブレーキの機構が付いています。これも図面的に読み取れるものは無く、
                                              UKのYORK博物館で撮影したその機構写真なども参考にしました。
  

真空ドラムによるブレーキ引きの機構は資料不足でここまでの工作です。  再度下面にある引棒のうち、下は機構からしてテンダーのハンドブレーキ
                                              のものと判断されます。
  

DUCHESSクラスのテンダー下。YORK博物館にて。             
  





TO 製作-16




◆製作-14  2020年3月15日アップ

新型コロナウイルスによる肺炎が世界中に蔓延しだしていて、学校も早めの春休みとなり、マスクやトイレットペーパーなどの争奪戦が起きています。
私の様のような持病持ちの年寄りはなるべく家にこもって罹患しない様に努めないといけません。
ということで、REDーDEVILの製作という暇つぶしがあって大変助かります。

煙室扉製作。周縁部のリベット表現は事務用ピンを植え込み、その頭を   ヘッドライト用電源の単4電池は煙室扉の後ろに取り付けます。
リベット表現として利用。                               3㎜LED2個でライト表現します。
  

泥臭い作りのカウキャッチャーは模型製作として苦労しましたが、概ねそ  ランボードに続く、前部の傾斜した前掛け部やカウキャッチャーなども結構
れらしくできました。                                  手間取りましたが画像を見ながら製作しました。
                                              ヘッドライトは煙室扉上部に突き出た、2灯式です。φ3㎜LEDを採用。
                                              カプラーはKDを採用します。そのための取り付け穴は用意しました。
                                              顔ができ、急にSLらしい顔つきになりました。
  

次は煙突の製作。この手の工作は6,7年ぶりです。
φ15㎜パイプ使用。写真中、手前にある真鍮製の円錐形のブロックに    ペンチでボイラーの長手方向の“裾”を少し持ち上げるように曲げます。
パイプをかぶせてパイプ上部から叩きますと、パイプの裾が広がります。  そして、アルミの筒とワークとの間に布ヤスリを挟んで、煙突材料をごしごし
パイプは事前にガスコンロであぶって焼き鈍しておきます。          摺り合わせ、ボイラーの円筒形状にフィットさせました。
赤くなるまでガスの炎であぶります。
下のアルミパイプはボイラー径とほぼ同じφ50㎜です。

  

裾がボイラーにフィットしたら、裾の上面側もヤスリで仕上げて         この程度に仕上げました。
  

所定の長さにパイプカット。                              
ボイラー側は煙突取り付け前に穴を開けて置き、裾外周を半田付け。



デフレクター製作、取り付け。きっちりした図面が手元に無いのでyoutube画像などを
駆使してサイズ、曲げ具合を出しました。取り付けはランボードへのネジ止めと、取り付け
フィンをボイラーにネジ止めすることで固定しました。
左右の釣り合い、曲げ具合の揃えなど、目立つところなので神経を使いました。
材料は0.4㎜厚板です。若干の追加ディテールは後ほど追加します。

    

実物写真と比較。顔ができたので実感が湧いてきました。
    

これで、全容のアウトラインができました。これから細部の作り込みとなり
ます。





◆製作-13  2020年2月28日アップ

valve gearの仕上げに入ります。
だんだん部品のサイズが小さくなって行きます。
逆転機構の製作。
モーションプレートに加減リンクを組み込み、ラジアスロッド、コンビネー
ションリンク、ユニオンリンクとつないだユニット。
先端のユニオンリンクは16番用のSL部品を流用して加工しています。   左のユニットを主台枠に取り付け、ラジアスロッドを上下させるリンクと
ラジアスロッドは前進、後進時に加減リンク内を上下しますので、加減リン 結びます。前進後進切り替えのロック機構も軽いバネ性の押さえでロック
ク内は軸が貫通していません。                          するようにしています。



ニュウトラル状態です。                               前進状態です。


後進状態です。valve gearとしては完成で、残り作業はオイルポンプを作動させるリンクを加減リンク軸と結びつけることです。


結構長いランボードを取り付け。稲見模型の編み目板と0.5㎜厚板とを
接着し、更に外側端面に1.5㎜幅の0.4㎜厚洋白帯板を半田付け。
これは実車写真のようにランボードの端面を白く仕上げ、ライニングする  ボイラーへの取り付けは塗り分けを考えて数カ所のネジ止めとしました。
ためです。

 

ボイラーバンドは1.5X0.4㎜洋白帯板を半田付け。塗装後ボイラーバンドは磨きだしを行いますので、洋白の輝きを出す予定です。


大分機関車全体の姿が浮かび上がってきました。このあたりでは、各部の直線、平行度、水平度などをきっちり出しておかないと
後で修正はやっかいになります。





◆製作-12  2020年2月14日アップ

valve gear製作の佳境に入ります。
モーションプレート周辺を作ります。
唯一の図面とyoutube画像から形状を類推しました。              youtube画像のアップから。
  

こんな感じにできました。主題枠の保持梁にネジ止めです。
  

次にリターンクランクを取り付けますが、組み立て順序では動輪に対して
サイドロッド、メインロッド(大きなベアリングケーシングの付いたロッド)、
そしてリターンクランクの順にロッドピンに組み込みますが、ロッドピンに   ロッドピン内径(2㎜)はニッパーで少し潰して小さくし、M2のネジを切って
対してリターンクランクの固定が甘いと走行中に緩んでしまうトラブルが   リターンクランクをM2ネジで締め付け固定です。
良く起こります。
その対策として、ロッドピン端面にリターンクランクの位相ずれ防止用すり
割り溝を切り、そこにロッドピンに半田付けした0.5㎜線をはめ込む構造
としました。
  

加減リンクとリターンクランクとを結ぶエキセントリック・ロッドの長さを決め  その長さに合わせてエキセントリック・ロッドを作り組み込みました。
るため、真鍮線でトライアンドエラー式に現物対応で決めました。       加減リンク(3枚の板が重なっている)の内側はラジアスロッドが挿入されるので、そのための隙間が設けられて
                                              います。加減リンクの回転軸はラジアスロッドが内部で上下動するので貫通していません。
  

これでvalve gearの可動させて見ました。
スライドバーにも加減リンクは当たりません。                   反対側への最大傾き位置でも問題ありません。
  






◆製作-11  2020年1月27日アップ

シリンダーブロックのディテール製作です。
前後側の蓋を、塗装で塗り分けとなるためネジ止め構造で取り付け。  後ろ側です。メインロッドのシャフトが挿入される穴を開けておきました。
  

スライドバーは2mm厚洋白帯板を2枚重ねて、その間を2mmのエンド  youtube画像からしかこのあたりのディテールを読み取ることができません。
ミルで溝掘りを行いました。その溝の中をクロスヘッドを滑らすという  クロスヘッドを作り、スライドバーの中をスライドさせられるように加工。
作戦です。
クロスヘッドの抜け止めには0.4mm洋白帯板で塞ぎました。

  

クロスヘッド、メインロッド、ピストン棒などを連結させ、スライドバーの
中をスムーズに動くようヤスリなどで微調整を行いました。
       こんな風にシリンダーブロックに取り付けます。
    

大分できて来ました。


主台枠に取り付け、動かしてみます。                    スライドバー内の滑りも問題ないようです。
  

バルブギア周りの図面情報が少なく、特に厚み方向の寸法関係
の情報が不足しています。
動輪外側、スライドバーの中心、メインロッドの軸方向の取り付け位置  後は、加減リンクのZ方向を決めれば、バルブギア全体の位置決めが
など仮組みして全体の厚み方向(Z方向)の位置関係を決めます。    できます。このあたりがSL模型製作の核心部です。
メインロッドの厚み中心線がスライドバーの厚み中心線にそこそこ合
致することを確認しました。

  

更にシリンダーブロックのディテール追加を行います。           突き出ているパイプは、ボイラー側と接続するため曲げが入ります。
真鍮ワッシャにリベット打ち出し後半田付け。                ボイラー製作と歩調をとって、パイプの曲げ加工を行うまで、このままです。

  

シリンダーの弁装置の駆動系のディテールを組み付け。          加減リンク支持フレームの概要を決めます。
  

奥行き方向を含め、こんな寸法と配置で作ることに。
このあたりの奥行きの寸法関連情報は皆無ですので、全体配置の中で
現物合わせ的に形状を決めて行きます。





◆製作-10   2019年12月30日アップ
 

テンダーとの連結はマグネット方式を採用しました。エンジンだけで単独集電して走行可能なので、単純に機械的に連結をするだけにしました。
マグネットはエンジン側とテンダー側それぞれに取り付け、吸着力を2倍にしました。
マグネットはいつもの¥100均ショップ購入品の、φ8㎜のもの。
  

次はテンダー台車のブレーキシューの製作です。
(車輪径+4㎜)の直径の円形開口の内側に1㎜厚の帯板を半田付け。
ブレーキシューごとの罫書きを入れて切断に入ります。
計算上、車輪踏面とブレーキシューとの隙間が1㎜あくことになります。    先ずはこの段階まで切断。
  

全部で24個の製作で、気合いが必要です。                    途中経過を記録している余裕もなく、台車本体に取り付けました。
  

最後部の端部はカプラーの収納部としてのスペースをとるため、梁部分
がくびれ状の形状となっています。youtube画像を見ていて気が付き、急遽
追加修正工作しました。
ここまで組み立ててくると、分解するのも億劫だったので、そのまま洗浄(クレ
ンザーでブラシで汚れ落としの後、そのまま熱湯で煮沸洗浄。熱湯から引き揚
げ後水気を拭きとり、風邪にあてて乾燥させました。
煮沸で、100度近く熱くなったあとの乾燥なので、早く乾燥し、ベアリング部分を
含めて、錆を発生させる暇もなく乾燥させられます。
塗装前に、車輪踏面にマスキングテープを貼って、準備完了。
 

奥まったところを先に刷毛で手塗してからスプレー吹きを行い、出来上がり。
塗料は、ホームセンターで購入できる、一般用黒(光沢)で、そこそこ塗膜強度がある、今までも下回り用に使ってきた
ものです。


もう少しディテールを追加したいところですが、テンダー台車の下回りの図面などはまず入手できません。
将来追加情報が入手出来たら追加加工をすることになるでしょう。




◆製作-9   2019年12月13日アップ

下回りの製作でポイントになるのはレールからの集電方法です。
一般的にはエンジン部とテンダー部とで、2線からそれぞれ集電しモーターへ給電するという方法をとりますが、今回初めての方法にトライすることにしました。
それは、動輪にかかるブレーキシュー部を介して集電する方法で、テンダーとは独立してエンジン部だけで走行可能になるという方法です。
SLのブレーキ・シューは狭いところに入るため、プラスチックで作らない限り、動輪と接触しショートし易く、配置、取り付けに神経を使うところです。
また、テンダーとの電気的接触の安定性などもトラブルの原因ともなりやすいので、今回エンジン部だけで独立して集電させ、走行できるようにしてみました。

先ずはブレーキ・シュー製作。動輪半径+1mmの円周に沿ってシュー  各シューをレバーに半田付け。動輪にあてがって感じを掴みます。
の三角形部分を切り出します。
その内側に1㎜厚帯板をリング状に曲げた部分を半田付け。
写真の様にシューができあがり。
  

各動輪の左右ペアを組み合わせる連結棒を半田付け。          主台枠に取り付ける高さを決めます。
この状態では左右のシューでの集電はショートしてしまいますので、
後で切断して電気的に切り離します。
   

主台枠に取り付けるためのベースは電気的に絶縁させるため、1㎜   組み付け後シューユニットを外すとこんな具合です。
厚の透明アクリル板を使いました。                      この状態では左右ペア間がショート状態です。
アクリル板は主台枠の金属部材にネジ止めとしています。
 
  

左右間の電気的な接続を切り離すために糸鋸で切断。          
補強に真鍮線でも接続半田付けしています。

  

この状態でアクリル板ごと主台枠にネジ止め。若干賑やかになりましたが、模型を掴むときに下側に手を回すことを
考えると、このぐらい補強しておいた方が良いかも知れません。



集電は各ブレーキシュー近くに帯板を半田付けし、動輪の当面を清掃しながら集電をするという方法です。
帯板は1㎜幅、0.2㎜厚の洋白板です。ブレーキシューの左右ユニット間で切断されている様子がおわかりかと
思います。



上記の集電用洋白板は完成後はこんな感じになるので、目障りでは無く、一見砂撒き管の様にも見えます。


この集電システムで初めての走行チェック。順調に走りました!!
さあこれで、走行の保証がとれましたので、気分的に大分楽になりました。




◆製作-8  2019年12月1日アップ




ボイラー部の高さを決めるために、メインフレームへの取り付けを決めな
いといけません。
前部はシリンダーブロックで受けることで決まっていますので、後部を決め
ることに。
同時にキャブを支えるプレートを作りました。
このプレートは図面が無いので、動画からのスクリーンショット写真から類
推するしかありません。
機炭間を解放した状態のエンジン部後端やテンダー前端部の資料は普通
では得られませんが、メンテナンス状態の動画から下記シーンがあったの   型紙を作って、感じを掴んで1mm真鍮版で作成。
でこれをもとに形態をまねる形で作りました。                    このプレートにはキャブの床板も接続しました。
中央上部の丸い大きな開口部はメカニカルストーカーのパイプが通るもの
です。
   

取り付けた状態です。                                 テンダー製作に入ります。
                                              箱状に組み立てる前に後端面のリベットが入る部品を先行製作。
                                              久しぶりのリベット打ちです。
   

リベットラインを罫書き、スケールの目盛りを基準に2mm刻みで板をスラ
イドしてゆきます。このスライド操作でリベットが直線上にきれいに並びま   内終わった状態です。材料は少し大きめにしてあり、リベット打ちによる反り
す。                                            を修正するための予備代としています。
   

外形を切り取り完成。                                 箱状に組み立て。
   

テンダー先端部の、石炭の取り出し口付近の詳細情報が無いので、動画   前部台車は1点受け、後部台車が2点受けの3点受けです。
からなんとか得られる情報と想像力でディテールを作ることになります。    後部の2点受けは520のベアリングで転がり受けとしました。
   

後部台車の2点受けのベアリング取り付け構造です。


おおまかな全体像ができあがりました。


TO TOP


◆製作-7  2019年11月20日アップ
機関車のスタイルを印象づけるポイントであるエンジン部、ボイラー部、そしてキャブなどのつながりを先ずは固めることにしました。
キャブの正面図面が無いため、web上の動画を漁り、部分的でも少しでも工作のために使える映像があれば、どんどんDLして資料と
しました。

モーターは秋葉原ジャンクのSWISSのS-CAPコアレス、7.5V仕様ですが、運転上差し支えありません。
取り付けブラケットを介してネジで取り付け。                   ギアBOXとの接続はこれまた、いつもの塩ビのチューブ。
                                              半田こてで熱して引っ張り、中間部を細く(チューブの肉厚を薄く)して、剛性を
                                              柔らかにして、伝達ロスを減らします。
  

塩ビとモーター軸とはべったりくっつき、スリップしません。           
  


キャブ製作。前端部は13度傾いているので、寸法取りに注意がいりまし  13度の傾きは簡単なジグを使って半田付け。
た。                                        
  

ボイラー部と合わせる準備ができました。
  

若干の隙間はありますが、最終的には隙間隠しの部材を半田つけします。 屋根をネジ止め式に取り付ける構造で作成。ディテールは後で加工します。
                                              キャブそのものは前後の妻板に半田付けした板を介してボイラーにネジ止め
                                              としました。
  


  

                                              ボイラー前部と火室下部の二カ所でメインフレームにネジ止めとしますが、
                                              取り付け部材を組み込んで、ボイラー部を載せてみました。
  

これでおおよその機関車のプロポーションを決めることができました。


TO TOP


◆製作-6   2019年11月8日アップ
ボイラーのストレート部に上部が少し傾いた状態で火室部分がつな
がります。図面に沿わせるように接続、半田付けしました。
モーターが通る開口も開ける必要がありますが、まずは形状優先で固め  真横から見ての火室上部の右下がりがポイントです。
ました。                                         この火室内部に手前のモーター(SWISSのコアレス)を挿入することに。
  


◆製作-5   2019年10月15日アップ
SL製作の大きな鍵となる連結ロッドが動作的に保証できました。       サイドロッドのロッドピン嵌合部はベアリング機構が組み込まれているため
                                              それまでのSLのものとは間接が非常に大きい。形態的に特徴があります。
  

シリンダーブロックの製作に入ります。                       もう一つのポイントは車体の幅です。図面が無いのでいろいろな角度から
曲線通過時の先輪との接触・ショートを避けるためシリンダーブロックとの  の写真(youtubeから)を集め車体幅を感覚的に決めます。
間隙確保がポイントです。                              車体はランボード部の幅で70mmとしました。ちなみにスケール1/40で過
図面資料がありませんから、紙で型紙的なものを作ってシミュレーション。 去製作のGMAMでは75mmなので、ほぼ同寸法です。
  

ボイラーの太さ、前方デッキの、カウキャッチャーの形態・幅なども型紙的  デフレクターに模したものも作って、こんな感じで実車写真と照合しながら
なものを作り、ランボードも薄板で模して、全体のイメージを実車に合わせ  全体イメージを捉えてみました。
込んでゆく作業を行いました。
  

                                              イメージが固まり、各部寸法出しに入れます。
  

シリンダーブロック製作。内部に8mm径パイプを直角支持として組み込
んでいます。
  

                                              先輪がシリンダーブロックに接触しないことの確認。
  

半径2000mmカーブ上で先輪がシリンダーブロックに触らないかの確認。
シリンダーブロックの前側にキャップ状部品が付くので、写真の状態より
隙間は苦しくなる可能性があります。



◆製作-4  2019年9月30日アップ
第2と第3動輪間の位相合わせはできましたが、残る第1、第4動輪間とも位相を合わせないと全体の位相合わせができたことになりません。
4動輪を結ぶ可撓性のある間接を作って、3ユニットから成るロッド連結を作りました。

  

3連接構成のロッドの各間接部分は写真のような構造としました。
そして肝心の位相合わせは、ロッドピンが通るロッド側の穴をちょっとヤスリで拡張する程度の修正作業で
できあがり、SL製作上の大きな関門を一つ乗り越えられました。



すでにできている先台車、従台車、テンダー台車などを並べると・・・。




◆製作‐3
  2019年9月15日アップ


従台車がカーブで横にシフトしますから、主台枠を従台車の車輪が当たら  日本のSLでも同様の構造でもありますから、図面資料は無いのですが、
ないように、2m半径のカーブに対して尻すぼまりにしました。         運転実用性を考えてこのようにしました。
                                              
   

写真は省略しましたが、第2、第3動輪間を結ぶサイドロッドを先に作り、
その2動輪だけ結合して転がしてみて、位相が揃っていることを確認しまし
た。
動輪の位相合わせから、ロッドのピン間隔までノギスレベルですが寸法を
きっちり測ってロッドを作ったら一発でOKでした。
ロッドピンはφ3mmで、サイドロッドのピン通し穴はφ3.1mmドリル
で穴あけ加工しました。
サイドロッドの材料は1mm厚の洋白板を切り出し、ロッドの縁の肉厚部の
表現には0.8mm角の洋白角材を半田付けしました。

第2,3動輪間の位相がぴったり合わさったので、幸先の良いスタートです。
次は、この機関車の一大特徴であるところの、メインロッドの力が掛かる
第2動輪のロッドピンに対するローラーベアリング入りの大きな軸受け部
を一体化したメインロッドを作りました。                      裏からも補助結合部材を当てながら写真のように半田付けしました。
前述のサイドロッドと同じ材料を使い、ローラーベアリングが入っている 
丸いドラム状の部品は、水道蛇口の止水栓の「コマ」から作りました。
  

余分な半田をキサゲで削り取り、鋳物風に仕上げました。           ベアリングユニットの固定締めようと思われるねじ穴の表現も実車動画を
                                              参考にディテール加工しました。       
  

一番気にしていた部分ができ、まずは一安心です。
今後、1-2動輪間、3-4動輪間のサイドロッドを作れば4動輪すべてが
連動します。位相合わせがすんなり行くことを願っています。




◆製作ー2   2019年8月30日 アップ

                                              D型 SL、4動軸、では固定軸距が長く、曲線通過が関門となります。
                                              この段階で通過確認をしておかないといけません。
                                              横濱模型鉄道倶楽部の内側曲線、半径約2000mm、のOゲージ線で
稲見模型の1:3のクラウンギアを取り付けました。                確認しました。

    


  

また4動軸のイコライザーも組み込まないといけません。            1-2動軸へのイコライジングシーソーレバーは単純に前後のシーソー
オーソドックスに1-2動軸、3-4動軸の組み合わせそれぞれでイコライ  動作だけですが、3-4動軸のそれは前後のシーソー動作に加えて「右側
ズさせ、その上で2組のペア間でも3点支持方式のイコライズをさせます。  と左側夫々の2動輪セットでも左右のシーソー動作が必要になります。
                                              そのために写真中のシーソーレバーパイプを中央で切断し、かつその下に
                                               左右シーソー機能を働かせるための「受け」を取り付けています。
  

従台車製作に入ります。使用する車輪は軸端がφ1.5mmで、従台車と
して重量もそれほどかからないため、ベアリングは省略。            後ろ側の車軸中央にベアリングを嵌め、台枠から延ばした受けで押さえ、
今夏は35℃程度で、昨夏の37℃に比べれば楽ですが、何かに集中してい  従台車の中で3点支持構造としました。
ないとしんどいですね。
  

これでエンジン側の車輪配置が見えてきました。                 テンダー台車に取り掛かります。テンダーは特に写真などの資料が見つかり
                                              にくく、youtube画像でテンダーが通過するところを静止画で観察したり
                                              もしながら台枠の形状を求めました。
                                              材料は1mm厚です。
  

軸箱を軸箱受けの中にスライドして挿入する構造としました。
軸箱外側の「丸」形状の板は先輩から譲ってもらった自家製簡易プレス   3軸台車なので台車内のイコライジングは必須です。
により打ち抜いて作りました。                            左右片側の外側2軸間でシーソーレバーでのイコライジングとしました。
  

中央車軸は軸箱が単純に上下する構造です。                  ボールペンで指し示す右側車輪が下がっている状態。
                                              左側車輪は持ち上がっています。
  

                                              1mm厚真鍮板を挟んでもこのようにイコライズされます。
    


TO TOP




◆製作ー1    2019年8月15日アップ

youtubeよりプリント。                                 ジャンク箱から漁って揃った車輪素材。昔のロストで、バリがひどい状態。
  

一番のポイントである動輪ですが、車輪プレートのみありましたので、ボー  テンダー用車輪は絶縁がされていないので、コピー用紙を2枚重ねで挟み
ルベアリング(850)、イナミ模型のクラウンギアなどを5mmパイプで結合 エポキシ接着材固定で絶縁化しました。
し、自作位相合わせ治具で位相を合わせて半田付け固定。          3mmパイプの中に2mm鉄丸棒を挿入し、520ベアリングで軸受け。
ロッドピンはφ3mmパイプを挿入してやはり半田付けしてあります。
  

                                              先台車、従台車は絶縁タイプだったのでそのまま使用できます。
絶縁化されたテンダー車輪。白く見えるのは絶縁用コピー用紙。       第一関門の車輪の準備が完了。
  

同じ南アフリカのGMAM GARRATTと比較してみると、ほぼ全長が
同じです。
GMAM GARRATTは1/40ですが、今度のRED DEVILは動輪直径などか
ら、1/42となります。
南アフリカ鉄道は軌間が1067㎜ですので、本来OJ(1/45)で作るべきですが、今まで
作ったKENYAの59型、GMAM GARRATTもOゲージレイアウト上で走らせるためと、左右にはみ出すような
上回りによる狭軌感をだすため、上回りを一回り大きくする目的でこのようなスケールとしています。
牽引用貨車も大きめに作り、バランスを合わせています。


TO TOP
TO 自作模型一覧

reddevilseisaku16kara.htmlへのリンク