◆札幌トラム A-1200型 POLARIS を作る

製作-5   2019年2月14日アップ

大分外観が出来てきたので、そろそろ電源の配置を決めないといけなくなりました。
車体が小さく、室内造作もきっちり作りこみたいので、室内に電池を置く場所がありません。
一案として、屋根上のクーラーユニットの中にUM-4が2本入らないかと検討しました。
電池ボックスは入りませんので、自家製ボックスと接点ではどうかと、クーラーユニットの外装を作って
はみましたが、接点まで収めるのはちょっと苦しそう。
 




それならばと、中間車の床下にはどうか?、と。               やむを得ず、床板を電池ボックスサイズくり抜いて、床板から室内側
しかし、レール面に接触してしまいます。あと2mmほど足りません。   に少し顔を出させることに。
  
                                           
座席が配置されますので、中央通路の見えは少し隠れるかな、という
ことで、割り切ることにしました。                        おかげで、レール面から2mmくらい浮き上がることになりました。
  

一応、ここまでの内容を盛り込むと、全編成はこんな感じです。        次の難題は各種照明系統です。運転室正面の照明系のユニットは
                                             運転操作系の下にあります。
                                             面状発光部が、前進時は白色、後退時は赤に光ります。
                                             先ずはそのホルダーともなるユニット外装を真鍮で製作(内側の高さは
                                             5㎜)。その内側に挿入するアクリルブロックを削り出し、LEDの光を
                                             拡散させることで面状の発光部表現をすることに。
  

アクリルブロックの両側の“眼”にはヘッドライト用白色LEDを1個づ      テールライト用には4つの穴の中央寄りの2個に赤色LEDを挿入し、
つ挿入します。                                     点灯させるとこんな感じ。外側の2個には白色LEDを入れます。
  

前進時。白色LEDだけ(ヘッドライト)点灯。                   テールライト時。赤色のみ点灯。
  

露出を下げると、見た目はこんな様子です。                   運転室の部分にこんな位置に配置となりますが、まだ位置決めが出来て
                                             いません。
  

組立手順はこんな具合かも知れませんが、配線を含めこれから検討。    正面や室内、車体脇の表示など、点灯表示する場所は結構沢山。
  

TO TOP


製作ー4 2019年1月31日アップ


屋根上機器類のカバー部分を作りました。
おでこ部分からの曲線のつながりを滑らかになるよう、気を使いました。


                                              おでこ部分の段差部分のラインと機器類カバーの上端ともラインがつながる
                                              ように加工。
  

次の難関、窓開けです。糸鋸が入りにくいので、フライス,1mmエンドミル  窓枠が細くなったところは注意深くやすりで仕上げ。力を入れすぎると曲げて
により切り取り。                                    しまいそうです。
曲線部は小刻みに階段状に切り取りました。
  

恐々そっとやすりで整形。                              中間ユニットも同様に。直線だけなので気が楽です。右端の小さい■窓は
                                              点検で屋根上に上がるときに使う折り畳み式ステップが入るところです。
  

3ユニットの窓開け完了。大分イメージが湧いてきました。           窓ガラスの製作準備。一番難しい曲面部分は焼きなました真鍮板で型とり。        

こんな感じで曲げ冶具ができました。                        窓ガラスの材料はアクリルを使いたかったが1mm厚の物が無く(最低でも
                                              2mm)1mm厚の硬質塩ビ板を使うことにしました(四季島前面ガラスと同)
  

塩ビ板を75℃程度の湯の中で温め、曲げ冶具の内側に指で押し付け
曲げました。                                      捻じれた曲面で、何かの不良品の様です。
  

それを本体に重ね、ケガキ線に沿って切り出し、やすりで微調整を繰り返し
ながら、窓にパチンとはめ込みました。抜け止めの爪があるので、そこに
ガラスを当てた状態で表面が車体の表面と揃うように調整。
何度もはめては削りを繰り返して仕上げました。                 こちら側は段差が無いので作りは楽でした。
  

こんな感じで入りました。塗装後に内側の要所部分を接着します。      脇の大窓も同様にして。写真上部のコーナー部分は微妙に曲面になって
この脇の窓ガラスは湯で曲げた素材を6枚作って、失敗は(削りすぎ)は   いますので、部分的に材料を温めながら補正しました。
1枚だけでした。
  

中間ユニットは全て平面なので楽でした。                     前面ガラスも同様にして曲げ冶具を使って曲げ、微調整しながらはめ込
                                              みました。こちらは2次元曲面なので加工は容易でした。
  

全部の窓ガラスが完成。この後「Hゴム」表現をマスキング塗装で表現する
予定です。





製作-3   2019年1月14日アップ

先頭部分の3次元曲面、ラインの形成は意外と難しいことが分かってきました。
小品であるからと、製作上易しいとは限らないことが良くわかる対象です。

一度仕上げたつもりでしたが、片方のユニットの前面の窓幅が図面より   前面窓の縦ラインが底面に対して直角でもありますので、そのチェックも
2mmばかり狭いことが分かり、後で後悔するよりもこの段階で広げる    怠らないようにしました。
修正を実施。写真手前のエッジ側を1mm削って窓幅を広げました。
黒いマジックインキを塗って、削り代が分かるよう、ケガキました。

  

窓下の部分を半田付け。パネルの境目のラインはいつものPカッターで   運転室上部の“おでこ”部分を半田付け。
筋彫り後、角やすりのエッジで筋幅を広げています。             微妙な曲線を描くラインは二つのユニットの揃えと相まって、神経を使い
                                              ました。

  

窓枠上下の二つづつある微細突起は窓ガラス受けです。            これから“おでこ”部分の仕上げに入ります。
    


三角形の板を微妙に曲げて、左右の隙間を覆いました。
この部分は後方から続いて来る屋根上機器類の覆いの上エッジとつなが
るため、1mmほどの段差があり、それを形成しながら曲線を描かなくては
ならないため、やすりで削りすぎないようにと、こまめにチェックしながらの  何とか、POLARIS工作上の難しいと予測していた部分をパスできそうです。
作業でした。                                      お屠蘇気分を抜いて今年も工作の楽しさを満喫できればと思います。

  

TO TOP


製作-2    2018年12月30日アップ

台車を車体に取り付けました。
普通の電車と違って、台車の位置が中心から外れたところにあり、中間車  実車のモーターから車軸駆動するギア部分はそのカバーが車体側面から
と連結した時に重量バランスが取れるようになっているので、何とも作りに  見える半丸窓があります。
くい。また床板が車輪より低い位置にあり、車軸すれすれのところに固定   点検用でしょうか?
しなければならず、高さ基準を定めにくい。                     模型では最終組み立てで、そのダミーのギアケースを車体の裏側から接着
それでも、台車の前後中央部に車体取り付け用梁を定め、その梁と床板   する予定です。半丸窓だけ加工しておきました。
の通路部分兼ねた前後に長い板とを結合。
この低床通路部分は撓みでふらふらするので、運転室床板部にネジ止め
固定として安定させました。

  

実車では低床の通路がこんな風に貫通しています。車輪は左右の椅子   中間車車体を作り、並べてみました
下に隠されています。
こんなところが不通の電車と違い、工作に面白味を醸し出しています。

  

前方から通して見ると、低床の通路が見えます。
模型では車輪の厚みがあり、クリアランスも取らないといけないので、実車 中間車との連結は、前後の車体から伸ばした床板部分の穴にピンを差し
の通路幅より狭くなっていますが、そこは割り切ります。            込む構造にしました。ここは電気的に絶縁します。中間車の床板はネジ止め
                                              構造とし、室内造作組込み後に挿入できるように考えました。

  

大型の幌を作ります。いつもの「プリンター用和紙入り用紙」を使います。  油性のつや消し黒をスプレーし、中間車側に1mm透明アクリル板を接着。
急曲線通過のため、幌を柔らかにしアコーデオンの撓みにゆとりを持た   お客さんが通れなくなりますが、幌がヒラヒラして形状が定まらないので
せる必要があろうかと、多めに襞を作りました。                 模型としてはこの方法としました。
しかし、組んでみると襞数が多すぎるので、数ピッチ分切り取りました。
  

2018年の作業としてはここまでとなりました。
小さい車両ながら、通常の電車構造と違うので、今までに無い工夫が必
要で、新鮮な気分で工作を楽しめます。





製作-1

2018年12月28日 再アップ

  



  


  


  


  





TO TOP