new

SWITZERLAND、 FURKA OBERALP 鉄道 HGe4/4 EL


   
   
RACKレール対応のレール幅1m(メーターゲージ)用EL。DECKの手すり、パンタグラフなど、なんとも優美な印象をうける。
   この真っ赤な車体がアルプの緑の中では良く映える。
   SBBの緑の客車4両編成を購入したが、SBB本来の牽引機関車を持っていなかったのと、この赤いELが大変気に入っていたので、
   実際にはありえない編成を組むため、このELを1435mm標準軌対応で作成しました。⇒SBB COACH

   初めてのパンタグラフ作りは大変勉強になりました。
   動力伝達は単純に4個モーターで各軸に対しクラウンギアを介して駆動します。走行は極めて快調で、スピードの出し過ぎに注意
   といったところです。





各車軸ごとにモーター、クラウンギアによる減速で駆動。
一度完成させた後で台枠にリベット植え込みをしたので半田付けならぬ接着。


初めてのパンタグラフ製作。怪しげなスケッチを描いて、適当にやっつけました。
畳んだ時と、起こした時と、両方で真っすぐならなくて往生しました。


TO TOP
TO new自作リスト