WAGON LITS 客車:エレットレン

BAR CAR、RESTAURANT CAR のテーブルランプ点灯化改造記事はこちら
PRESIDENTIELLE (大統領専用車)のカーテンなど内装改装記事はこちら

リンクカプラーの連結、解除を容易くするための方策についてはこの章の後半をご覧ください。
2018年6月30日更新


いわずと知れたワゴンリ客車。現在所有は8両。
もともとデイスプレイを主目的とした作りの感じで、とても編成を機関車が引っ張れるようなものではありません。
運転用に何度かの試行錯誤の結果、下記事項の手を入れました。
 1.軸受けにベアリング挿入(これで転がり抵抗が半分以下になりました)。
 2.ボギー台車のピボット軸のコイルばね長をカット。
   カーブでの台車の追従性向上のため。
   ミンデン台車は、カーブで台車の上端が車体の下端に接触する(脱線、ショート発生)ため、
   ワッシャーを挟んで、車体を2mmほど持ち上げた。
 3.リンク式連結器は運転の泣き所。
   車庫入れなど、機関車からのプッシュ運転では客車のバッファー面で押すことになるが、
    @ポイント通過などで、バッファーの押し当て面が左右に大きく振れ、外れてしまうことあり。
    A機関車からの牽引動作のムラ(ギクシャク)で、リンク式連結器のリンクがフックから外れる
      ことがある。
   などの欠点の対策として、「運転用連結アダプター」を作成(車両連結器のフック同士に引っ掛け、
   プッシュ運転時もフックの内側顎部で受けるようにした引っ掛け式のリンク)。
   このため、フックの内側の傾斜を押された場合でもリンクが抜けないように、若干アンダーカット
   の角度になるよう、追加工した。
   バッファー面は接触しないように「運転用連結アダプター」の長さを決めた。
   (若干連結車体間は間延びするが)。⇒2010年4月、この原理で更に改良(したつもり)。本章後半部参照
 4.室内灯変更。
   編成ではオリジナルの白熱球の電流消費が大きいため、白色LED(一車両あたり、7〜10個)
   に置き換えた。
   電源は、デッキ部分または屋根裏にUM-3乾電池を2〜3本内蔵し、小型SWを屋根上から(目立ち
   ませんが外から見える)操作できるように改造。
   運転用パワーパックの電流容量を気にしないで済み、停車時も室内灯の灯っているのを楽しめる。
   本当は電球色のLEDにしたかったが、テストの結果かなり暗く、コストも高いので白色LEDとした。
 5.屋根を全て白色塗装に統一。

1er PULLMAN No.4075





PRESIDENTIALLE No.3354






LEDを点灯した状態


炊事場も
  

BAR CAR No.4148






LUGGAGE No.1251


CRUISING SERVICE CAR No.4013


VOITURE LITS No.3472




VOITURE LITS No.3571


VOITURE LITS No.3909





BAR CAR、RESTRANT CAR のテーブルランプ点灯化改造記事はこちら




◆カプラー周りの改造−2 : 2018年6月30日記載

次章、「カプラー周りの改造−1」では新規追加の「固定リンク」を連結部にピンセットでつまんでフックに引っかける
作業が幌の下に隠れているので面倒でした。
そこで今回マグネットを使った新しい解決策を狙った方法を作ってみました。運転会で試走し、カプラー台座での首振り
余裕度を広げる(カーブ通過時対応)調整が必要でしたが、コーチをレール上に載せて、近づけるとマグネット吸引力で
パチンと連結が済み、運転時の準備が極めて楽になりました。
磁石のS-N極間の吸着力を利用するので、編成順が固定化されないとまずいですが、オリエント急行など特定の列車編成では
連結順番を決められるので問題ありません。

マグネットアダプター設計、製作                           
¥100ショップで購入のφ6mmマグネットを外径7mmのパイプに      S曲線通過時のバッファーの食いつきを防止するため、バッファーを押し
挿入し接着。コーチのフックの内側に2mmネジを通して固定する腕を    込んで、その位置でネジ止めとしました。
2本ハンダ付け。                                    これはどの位の曲線通過とさせるのか、幌間隔をどのくらいに設定するかで 
フックの出口幅を2mmネジが通過できないことを確認。            寸法関係が変わります。私は半径2000mmのS字曲線通過を前提に決定。
ネジを締めてもフック内をぷらんぷらんとマグネットアダプターが動ける    S,N極の区別のため、マジックで赤、黒色を塗りました。
必要があります。                                    これで取り付け準備完了。
連結相手となるアダプターにはS,N極反対側が来るように組み込みます。
   

M2ネジを締めこんで簡単に取り付け完了。もちろん外してオリジナルの    相手側のマグネットアダプターを吸着させた状態。
状態にするのも簡単です。
  

両車輛をレール上に載せ、                              近づけると、“カチン”と連結完了。解除するには車両をただ引っ張ること
                                               でOK.で、このマグネットの場合、300gちょっとで外れます。
                                               転がり抵抗が重いコーチの場合、これよりは強いマグネットが必要かも
                                               知れません。

  


◆カプラー周りの改造−1 : 2010年4月30日記載

欧州型リンク式カプラーは実物では乗り心地が良いのだが、どうも模型ではそうはいかない。
運転会での連結には手間取るし、走行中にちょっと不規則な前後動(瞬間的ショートなどでガクンとなったとき)があると
リンクが外れて後続車を置いてきぼりにしたりと、鑑賞用に実物に忠実に作って有るのは良いが、模型の世界では
以前から泣かせものでした。
更に、バックでヤードに進入させる時、ポイント通過時の曲線で、緩衝バッファーの面同士の接触が左右にずれ過ぎて
外れ、またそれが戻るときにバッファーの裏側同士が引っかかって脱線、というみじめな事にもなります。

そこで、以前からあの手この手の策を試してきましたがどうも決定打がありません。
今回、これならいけるのではないか、という方法で改造を行い、近々運転で試してみることになりました。

★不具合現象

直線では、両車のバッファーが密着して、良い感じなのですが・・・。


1800mm半径カーブのS字曲線ではこんなに車体が横にずれます。
その時、連結状態はこんな風になっていて、バッファーの面は完全にすれ違い、バック運転では車体同士が
押し合っていることになってしまっています。



そして、カーブを抜けてくると、バッファーはお互い裏側で引っかかってしまい、脱線ということになります。
   


☆対策
@リンク座にバネが入っているため、曲線通過時で特に押されると斜めに傾き、車体をより
 斜めに押すことになってしまいます(左写真)。これを、中写真のようにバネを外し、傾かないように固定します。
 また、両車の間隔を広げるため、リンク座にワッシャを挟んで少し外に出します。外から見ると右写真のようになります。
Aリンク引っかけのフックの根元内側をカッターで少し削って、リンクが押されてフックの内側に当たっても上に逃げて外れないよう
 下向きに誘導させます。
  

A備え付けのリンクではバック運転の時、車体同士が当たってしまうため、一定の間隔を保持する目的で別に連結リンクを作成
 しました。
 バッファー同士の裏側が食いつかないように車間距離を広げたので、直線部では間隔が開いてしまいますが
 割り切りました。
 勿論、オリジナルのリンクはそのまま残してありますから、ディスプレイではぴったりの間隔で飾れます。
 写真の左にあるものは実験的に作成していたものです。



1800mmS字曲線での状態。車体が直に当たる事が無く、新製の固定リンクで押している状態です。
かなり斜めになっていますが、リンク座を固定化したので、カチッと止まっています。
あとは、全8両編成のバック運転でヤードに入れる時でも脱線などしないかどうか確かめる必要があります。


上記S字曲線から抜け出してきたところです。バッファーの裏側が食いつくことなく、復帰できます。


直線部ではこのくらい車間が開きます(固定リンクにまだ重りを付けていない状態)。


●実証試験
2010年6月27日、手持ちのWAGON LITS 8輌を牽引。動力機構改造後の本機関車快調に牽引。
上記連結機構の改良でこの日初めて編成走行がうまく行くことを確認できました。ヤードで客車を手でむりやり前後に動かして
ガチャガチャさせてもリンクが外れることもなく、今回の改良が結構いけることが確認できました。
最初に委託品で5輌まとめて購入してから、いろんな改造、改良の手を加えてきましたが、約15年が経って、やっとすっきり楽しめるようになりました。


TO TOP
TO COLLECTION LIST